トピックス

味が良くても売れない寿司屋を繁盛させるには?

投稿日:

味が良くても売れない寿司屋を繁盛させるには?

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
   ↓        ↓

https://youtu.be/VLUGOyhLzNE 

 

職人気質という言葉があります。

良いものを作っていれば、お客さんが

自然に集まってくれるという信念

持っている人がたくさんいます。

 

しかし、お客さんの立場に立って考えてみると、

そうとも言えません。

 

たとえば、入ったことのない寿司屋に

いきなり入るのは、かなり勇気のいることです。

 

美味しいかどうかも、値段も分からないとなると、

なかなか入りづらいものがあります。

 

千三つという言葉があります。

千のうち、三つぐらいしか本当のことを言わない

大ウソつきとかホラふきという意味です。

 

翻って、マーケティングの領域においては、

1000件のうち、3件しか反応しない

という意味で使われます。

 

何か商品の提案をしても、

1000人中3人ほど、

わずか0.3%しか反応しないのが、

ビジネスの常識なのです。

 

ビジネスは確率論なので、

さらに集客を増やすためには、

より多くの人に商品を提案する必要があります。

 

もう1つは、反応する割合を、

高める工夫が必要になります。

これを理解した上でビジネスを進めていけば、

どんな分野でも必ず集客することが可能です。

 

ですから、お寿司の職人も美味しい寿司を

より多くの人に食べてもらいたいのであれば、

この図式を頭に入れた上で、

集客を考える必要があるのです。

 

しくは、自分でそういったことを考えるのは

苦手だと言う人は、誰か集客や

マーケティングの専門家に仕事を依頼する

という方法もあります。

 

いくら良いものを作ったとしても、

人に分かってもらえなければ伝わりません。

 

ですから、こういう発想が必要になってくるのです。

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.