トピックス

残り時間を見える化する

投稿日:

残り時間を見える化する

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
↓        ↓  

https://youtu.be/DOCEFsgK3Qo 

 

 

仕事や勉強をしている時に、

時間に余裕があると思ってついダラダラして、気づいた時には

だいぶ時間が経ってしまっていた、、、

 

このようなことは、誰しも経験のあることだと思います。

このようなダラダラした時間というのは、

まるで風船が膨らむかのようにどんどん膨張してしまうのです。

 

イギリスの歴史学者で政治学者でもある、

パーキンソンという人が次のように言っています。

 

「仕事の量は、完成のために与えられた時間を

すべて満たすまで膨張する」

 

これをパーキンソンの法則と言います。

頑張れば短時間でできるものも、ダラダラして結局時間がかかってしまうのです。

 

であれば、短時間で集中した方がいいですし、

逆に、その方が良い結果を得られる可能性もあります。

 

■このようなことから、集中力を高めるためには、

制限時間を設ける必要があります。

 

制限時間を設ける方法として、いくつか方法があります。

 

1、ストップウォッチで時間を計る

2、ポモドーロテクニック

3、タイマーで時間を制限

 

2のポモドーロテクニックをご存知ない方のために簡単に説明します。

25分間作業に集中して、25分経過したら

5分間休憩を取ります。休憩後、また25分作業に集中するという

サイクルを繰り返すものです。

 

また、私が最近注目しているのは、

3の、タイマーで時間を制限する方法です。

 

この方法の問題点として、

スマートフォンのタイマー機能では、

しばらくすると画面が暗くなり、時間の経過が

よく分からなくなってしまうということがあります。

 

タイマーを使う場合は、残り時間が見える形にした方が、

集中力を高めるのに効果的です。

 

そのために有効なグッズとして、

タイムタイマーというタイマーがあります。

残り時間が赤い色で表示されていて、

時間の経過とともに、赤色の部分がだんだん減っていきます。

 

視覚的に残り時間が分かりやすく、

子どもでもパッと見て分かるので便利です。

 

大人も、会議などに時間がかかってしまいがちですが、

このタイムタイマーを皆が見える場所置いておくことで、

時間短縮につながるメリットもあります。

 

こうした工夫で、ダラダラ時間を膨張させず、

時間を有効活用し、さらに集中力をアップすることも可能です。

 

興味のある方はぜひ試してみてください。

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.