トピックス

時間泥棒撃退のポイント

投稿日:

時間泥棒撃退のポイント

新しいYouTubeチャンネルを始めました。

YouTubeのコメント欄に質問をして頂けば、

私が直接お答えします。ぜひご覧になって下さい。

  ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/kVsHTB32oxI

 

 

時間管理において重要なポイントは何でしょうか?

 

一番大事なのは、

重要なことを優先するということです。

 

皆さんも、何か目標を達成しようとすれば、

そのためにやるべきことが出てきます。

 

その中でも、特に重要なことを

優先してこなすようにすると、

必ず目標に近づくことができます。

 

私の講座では、一人戦略会議

という方法をお伝えしています。

 

自分にとって何が重要かを見きわめて、

日々それをこなしていくという方法です。

 

これさえしていれば

どんな目標でも達成できる

と言っても過言ではありません。

 

このように重要なことをこなすためには、

自分でコントロールできる時間を

増やすことが必要不可欠です。

 

では、逆に、どのような時に

時間が奪われてしまうかということを

考えてみたいと思います。

 

時間が奪われることの一つに

電話があります。

 

仕事で打ち合わせをしている時や、

セミナーで自分が話している時などに

突然電話がかかってくることがあります。

 

そういった時は作業が中断されることになり、

時間が奪われ、予定が狂ってしまいます。

 

電話をかける人は、こちらが

何をしているかはおかまいなしです。

 

しかし、今はSNSが発達して、

電話を使わなくてもかんたん連絡が取れる時代です。

 

それにも関わらず、未だ

SNSを活用しない職種もあります。

 

たとえば、銀行員です。

銀行ではセキュリティの問題で、

SNSを使わない方針のようです。

 

その結果、突然電話をかけてくる

ということになります。

 

突然の電話は、相手の時間を奪ってしまうので、

あまりよろしくありません。

 

では、こういった時に

どう対処するのがいいかと言うと、

電話に出ないことが一番です。

 

取引上、重要なお客さんであれば

もちろん電話に出た方がいいですが、

そうではない場合、急いで電話に出る

必要はないのです。

 

電話は、ほとんどの場合、

緊急の用事ではありません。

後からかけ直せば十分です。

 

それに、もし緊急だった場合は、

何度でもかかってくるので、

そういった場合は出ればいいのです。

 

このように、しょっちゅう

電話をかけてこられて、

時間を奪われるのは好ましくありません。

 

緊急性のない用事なら、

急いで電話をする必要はありません。

 

ですから、私の場合、そのような人には、

連絡方法を変えてもらうようにしています。

 

その場合、基本的に電子メールを

使わないことがオススメです。

 

もっとシンプルに連絡が取れる、

LINEやFacebookメッセンジャー、

携帯電話のSNS、チャットワークなどを

使った方がいいです。

 

電子メールは、宛名や会社名を

いちいち書かなくてはならないなど

手間が多いです。

 

会社名などは定型文として、

自動で挿入できるシステムもありますが、

それを毎回載せるのも無駄に

時間を取られることになります。

 

それに電子メールは、

迷惑メールフォルダに入ってしまうなどの

不具合もあります。

 

それよりは、もっとシンプルに

やりとりできる媒体を使った方が好ましいです。

 

昨日のメルマガにも書きましたが、

あまりSNSを使わない銀行員にも、

「電話ではなく、こういった媒体で

連絡するようにしてほしい」

と伝えれば、たいていの人は対応してくれます。

 

そこで、柔軟に対応できないような人とは、

付き合わない方がいいかもしれません。

 

このように、なるべく自分の時間を

奪われないようにすることが大事です。

 

また、自分がコントロールできる時間

増やすためのポイントとして、

余分な会話を避けることも重要です。

 

たとえば、職場に大勢スタッフがいる場合、

気づかないうちに時間を奪われます。

 

職場での何気ない会話が、

意外に時間をロスするため、

実はすごく危険なのです。

メールやLINEであれば、

長い文章を書いてくる人がいても、

速く読もうとすれば、ある程度速く読んだり、

省略することも可能です

 

しかし、職場では話が長い人がいても、

その場で早送りをしたり、録音して

で聴いたりといったことはできません。

 

時間が確実に奪われてしまうので、

極力そういう状況は避けたほうがいいです。

 

プライベートで人と会って

話をするのは問題ありませんが、

仕事をしている最中に

何気ない会話をしていると、

時間がどんどん奪われていきます。

 

たとえば、

「プロ野球選手がコロナに感染したらしいね」などと

最近のニュースについて話していると、

5分、10分と時間がどんどん過ぎていきます。

 

こういった余分な会話が生まれる

環境をなるべく避ける必要があります。

 

それによって、時間を奪われずに済み、

結果的に重要なことに集中し、

優先して行なう時間を増やすことができます。

 

時間泥棒を極力避け、重要なことに

集中する時間を増やしましょう。

 

よろしければ動画もぜひご覧になって下さい。

  ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/kVsHTB32oxI

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.