トピックス

恩を売る

投稿日:

恩を売る

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
   ↓        ↓

https://youtu.be/yp1qx1tzGi4 

 

今回のテーマの「恩を売る」という言葉ですが、

決して恩着せがましいという意味ではありません。

恩を売るというのは、

のちのち自分の立場を有利にしたり、

利益を得たりする目的で人を助ける

という意味です。

 

以前、某銀行の営業マンから私に

3月末に突然、

「先生、お金は必要ではないですか?」という

電話がかかってきました。

 

なぜそのような電話がかかってくるかと言うと、

銀行は3月末が決算だからです。

 

それに向けて営業マンにも、

いろいろなノルマがあるのです。

 

そういった状況なので、電話は

「担保の必要ないフリーローンを借りてほしい」

という内容でした。

 

そのローンの金利は高いのですが、

その営業マンは真面目で優秀なので、

私は恩を売っておこうと思い、◯◯◯万円借りました

 

そして、翌年の3月末にまた同じ営業マンから、

電話がかかってきました。

 

またノルマ達成に向けて頑張っていたので、

私はまた◯◯◯◯万円借りることにしました。

 

特にお金に困っていたわけではなく、

むしろ金利が高いので、私はあまり得をしないのですが、

恩を売っておこうという目的で、あえて借りたのです。

 

その営業マンとはその後も付き合いが続いています。

私や私の知り合いが困っている時に助けてくれて、

良い関係が築けています。

 

かつて売った恩は十分に返ってきていると言えます。

 

これはあくまで一例ですが、

こういったことを常に意識するとよいと思います。

 

私も、この人になら恩を売っておいてもいい

思える人であれば、自分が得をしない、

むしろ少し損をするぐらいでも

踏み切る判断をしています。

 

しかし、中には恩を仇で返す人もいるので、

誰でもも彼でも恩を売っていいというわけではなく、

判断基準が大切です。

 

簡単な基準としては、

あまり得をしない、場合によっては

損をする条件でも、この人なら後々きっと

恩を返してくれるだろう確信できる人であるかどうかです。

 

そのような人に、こういったやり方を選択すると、

後々役に立つことがあると思います。

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2021 All Rights Reserved.