セミナー 天才脳音源

英単語地獄からの解放「東大式英単語記憶術セミナー」募集開始!

更新日:

英単語地獄からの解放

多くの人が英語を勉強する上で、 英単語の暗記に苦労しています。

ほぼ全ての日本人が英単語の暗記で苦労している

と言っても過言ではないと思います。

 

東大に入るような優秀な学生でさえも、

英単語を覚えるのには、かなりの時間と労力を割いています。

 

今、このメルマガを読んでいるあなたにも、

英単語がなかなか覚えられないという悩みがあるのではないでしょうか。

しかし、それは決して、あなたの能力が低いということではありません。

あなただけでなく、ほぼ全ての日本人が英単語の暗記で苦労しています。

 

では、なぜこれほど英単語は覚えるのが大変なのでしょうか?

その原因について考えてみたいと思います。

 

まず、記憶のメカニズムについて簡単に解説します。

英単語を覚える場合は、英単語に関する情報を脳にインプットします。

そして、そのインプットした情報をアウトプットします。

 

たとえば、appleという単語をインプットして、

「リンゴって何だったかな?   あ、appleだ!」

思い出すことがアウトプットになります。

ここで思い出せないと、ちゃんと覚えたとは言えません。

 

ところが、覚える単語が増えるにつれ、なかなかアウトプット、

つまり思い出すことができないという題に直面します。

 

その大きな原因としては、インプットの仕方に問題があります。

インプットが弱ければ、アウトプット、つまり思い出すことができないのです。

 

ですから、まずはインプットを強めることが重要です。

そうすれば、アウトプットもしやすくなります。

 

では、どうすればインプットを強くできるのでしょうか?

 

 

これは言い換えれば、記憶をしっかり定着させて

思い出せるようにするということです。

では、どうすれば記憶が定着するのでしょうか?

 

よく使う方法としては、イメージを使う方法あります

これは、いわゆる記憶術などで使われるテクニックです。

 

たとえば、買い物に行く時に、生卵を買うとします。

この生卵を買うことを絶対忘れないようにする時にイメージを使います。

 

仮にですが、生卵がおでこにグシャッとぶつかって割れてしまう

というイメージを思い浮かべます。

 

 

すると、スーパーに行った時に、このイメージを思い浮かべれば、

「あ、生卵を買わないといけないんだ」と思い出せるという仕組みです。

このように、記憶を定着させるためにはイメージを活用するのが有効です。

 

英単語の場合は、もう1つ重要なポイントがあります。

 

それは何かと言うと、語源です。

英単語の語源をうまく活用すると、

英単語を覚えるのがとても簡単になります。

 

語源とイメージの組み合わせ。

 

私は受験の時に、この独自の英語記憶術を思いついてしまったのです。

そして、この方法を活用することで

英単語をどんどん覚えることができました。

 

では、この具体的なやり方を解説したいと思います。

 

たとえば、port という単語があります。運ぶという意味です。

 

ホテルなどで荷物を運んでくれる人を

ポーターと言いますが、それはこのportから来ていて、

運ぶ人という意味を持ちます。

 

 

このport に、いろいろな接頭辞を付けて覚えていきます。

 

たとえば、importご存知の通り、輸入という意味です。

これは im  と port がくっついています。

ちなみに im  は、通常は in ですが、pやbの前に付く時だけ

mに変わります。

 

このルールは覚えておく必要がありますが、

いずれにせよ in  と imは同じ意味です。

 

この in という接頭辞を、音が似ている言葉の

イメージと結びつけるのです。

 

たとえば、 in  とインド人を結びつけます。

インド人が麻薬か何か、怪しい物を日本に運び入れる

というイメージをするのです。

 

このように、語源とイメージをうまく活用することで、

単語を簡単に覚えることができます。

 

これは一例ですが、この方法を駆使すれば、

どんどん英単語を覚えることができます。

 

「もっと詳しいやり方を知りたい」と言う方も多いかと思います。

 

そこで、今回、特別にこの東大式(森田式)英単語記憶術

「体験セミナー&認定講座説明会」開催することにしました。

 

開催の日程は、6月16日(日)午前11時~午後4時

都内某所です。

 

東大式(森田式)英単語記憶術の特長は、

英単語の語源 × イメージ 組み合わせで覚えるということです。

 

この方法なら、誰でも簡単に習得することが可能です。

そして、この方法を用いることで効率良く

英単語を覚えることが可能になります。

 

しかも、この方法の素晴らしいところは、

やればやるほど効率が良くなるので、応用が効くようになり、

どんどん英単語を覚えやすくなるということです。

 

英単語の暗記で苦労している人にとっては

夢のような方法と言っても過言ではありません。

 

実際私はこの方法を使って、英語の成績は

全国模試でもトップクラスでした。

科目ごとの順位表で、いつも上位名前が載っていました。

 

そして、東大入試本番では、制限時間2時間の英語の問題を

1時間で解き終えることができました。

このようなことが可能になるのです。

 

そうは言っても、「本当だろうか?」と疑問を持たれる方もいるかと思います。

そのような方のために昨年英単語記憶術体験セミナーを開催したところ、、、

参加者4名中3名が難解な医学英語を完璧に覚えることができました。

 

4名とも専門知識がない人でしたが、その場で私がやり方を教えただけで、

完璧に記憶できたのです。

この方法はとても再現性が高いということがお分かり頂けると思います。

 

この方法をマスターすることによって、

今まで英単語暗記に費やしてきた膨大な時間を節約することが可能です。

 

その分の時間を、もっと有効なことに使うことができます。

これが、どのぐらい価値のあることか、皆さんも既にお分かりかと思います。

 

たとえば、1日1時間英単語の暗記に費やすと、年間で365時間になります。

もし時給1000円の人が1日1時間費やせば、年間365時間。

36万5千円分の価値を失っていると言えます。

時給10000円の人だとしたら、じつに365万円の価値を失っているのです。

 

この時間を英単語の暗記ではなく、他のことに振り分けることができたなら、

もっと有効で生産性も向上するはずです。

 

少なく見積もってもこれぐらいの価値があるということが

お分かりいただけるかと思います。

 

このセミナーの参加費は、なんと!

 破格の5000円(税込)です。

 

ただし、会場の都合がありますので

定員になった場合は締め切らせて頂きます。

 

さらに、、今回はすごい特典を用意しました。

 

私の天才脳インストール音源シリーズ教材(約6万円相当)を

1本無料で進呈します。(※ただし宮口式記憶術は除外)

 

ただし、こちらは先着10名特典とさせて頂きます。

 

5000円の参加費で60000円の教材がもらえるという

ジャパネットたかたもびっくりの内容になっています(笑)。

申し込まない理由がありません。

 

参加希望の方は、今すぐこちらからお申込みください。

  ↓  ↓  ↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e4e8a591620009

 

****************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-セミナー, 天才脳音源

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.