トピックス

人生を変える早起き、早出の法則

投稿日:

人生を変える早起き、早出の法則

早起きをして、朝の時間を

有効に使いましょうという話を

耳にする人も多いと思います。

 

朝の時間のメリット

いろいろあります。

 

夜に睡眠をしっかり取ると、

疲れがとれて頭がスッキリしています。

 

そして、朝は静かで

雑音が入りにくいので

集中しやすいです。

実際に私も受験生時代は、

朝3時に起きて勉強していたことが

あります。

 

私は高校生の時に

に入っていました。

 

夜の時間は友達が部屋に来て、

勉強に集中できないことがありました。

 

しかし、朝は皆寝ているので、

静かで、集中することができました

 

このように早起きの効用については

いろいろなところで語られていますが、

それに加えて、ぜひ行なってほしい

重要なポイントがあります。

 

それは何か?

 

早出、つまり早く家を出る

ということです。

 

学生もビジネスマンも

ぜひ試してみてください。

 

多くの人は、始業時刻、

仕事を始める時間に

間に合うように出社しています。

 

たとえば、午前8時から

仕事開始会社に勤めていて、

会社まで25分かかるとします。

 

そうすると、7時半に家を出れば、

25分後の7時55分に到着します。

 

仕事開始に間に合う

と考える人が多いでしょう。

 

しかし、通勤途中で

何かトラブルが起こると

遅刻してしまいます。

 

では、どうすればいいかと言うと、

早出する時刻を決めるのです。

 

8時開始の会社であれば、

会社まで25分かかるとしても

7時、あるいは6時半に出るいうように

余裕で間に合う時間を決めるのです。

 

6時半なら6時半に

必ず家を出ると決めます。

 

そうするとどうなるかと言うと、

余裕で会社に着くことが

できるようになります。

 

余程のことがない限り、

遅刻はせずに済みます。

 

そして、ゆとりを持って

仕事を開始することができます。

 

私自身も、病院勤務で、

研修医をしていた頃に、

この早出を始めました。

同僚の研修医に早く来る人がいて、

それを見習って始めたのが

きっかけです。

 

その頃、私は六本木にある、

心臓の専門病院で研修医

していました。

 

早出をして、病院に着いたら

まず、コーヒーメーカーで

コーヒーを淹れます。

 

それをセットしておいて、

病棟の回診、つまり、自分の

受け持ちの患者さんを診て回ります。

 

回診をしている間に、

コーヒーができあがります。

 

そのコーヒーを飲みながら、

上司の先生と、

「この患者さんは、こういう状態だが

どうしたらいいか」

といった打ち合わせをするのです。

 

こういったパターンで、

朝の時間を過ごしていました。

 

このように、早出をすると、

1日のスタートを早く切ることができます。

 

日中も、ゆとりをもって

仕事をすることが可能です。

また、早出には、

もう1つメリットがあります。

 

いつも早出をしていると、

遅刻をほとんどしないので

信頼度がアップします。

 

いつもギリギリに来て、

頻繁に遅刻をする人は、

「また今日も遅刻か」と思われがちです。

 

それに対して、いつも早出をしている人は、

まれに遅刻をしても、周囲の人に

「〇〇さんは、いつも早く来るのに

どうしたんだろう。どこか具合でも悪いのかな」

と心配してもらえます。

 

早出する人とギリギリで来る人とでは

信頼感に差がついてしまいます。

 

このように、早起きをするだけでなく、

早起きと早出の2つを取り入れることが

オススメです。

 

特に、会社勤めをしている人は、

ぜひ試してみてください。

 

仕事が上手く回って、

業績も上がっていきます。

 

よろしければ、動画も

ぜひご覧になってください

 ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/EAADtFjut3o

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2022 All Rights Reserved.