トピックス

目標がないと死んでしまう?

投稿日:

目標がないと死んでしまう?

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
↓        ↓

https://youtu.be/ArVPdgtTHV8  

 

 

以前、アメリカかどこかの調査で

仕事をリタイアした後の平均寿命は、

わずか18ヶ月しかないといった話を聞いた記憶があります。

 

インターネットで調べてみると、

同じようなことが書いてあるブログも散見されます。

では、なぜそれほどリタイア後の平均寿命が短いのかと言うと、

目標を失ってしまうからということです。

 

一見もっともらしい話ではあります。

 

いわゆる燃え尽き症候群のような状態かと思われます。

 

燃え尽き症候群とは、例えば、

オリンピックの金メダルを目指して頑張っていた

アスリートが、目標を達成してしまうと、

次に何をすればいいか分からなくなってしまう、、、

といったことです。

 

れと同じように、ビジネスマンが定年でリタイアしたり、

企業経営者が自分の会社を売却して財産を築いてリタイアするなどで

目標を見失ってしまい、その結果死期が早まるなどといったことが、

理由として考えられます。

 

しかし、それは当なのでしょうか?

 

平均寿命が18ヶ月、わずか1年半というのは

あまりにも短いです。

 

実際にそうなのか、疑念が湧きます。

 

しかも、そういったデータがあるのか、

検索をしても出典は分からないのです。

 

こうなると、この話が真実かどうかは何とも言えません。

 

 

インターネットでは、こういったことがしばしば起こります。

誰かがもっともらしい文章を書くと、

それをそっくりそのまま引用する人も多く、

それがどんどん拡散します。

 

こういったものは、まず根拠のあるものなのかを

疑ってかかかった方がいいです。

 

私も、いくつか論文を調べてみましたが、

リタイアした年齢と、その後の死亡率の相関性のグラフは見つかりました。

 

 

このデータでは、早くリタイアした人の方が

最初のうちは死亡率が高いということが分かります。

 

しかし、年を取るにつれて、その差がなくなる、

あるいは逆転するといった傾向も見てとれます。

 

ですから、必ずしも早くリタイアした人が

すぐ死んでしまうというわけではありません。

 

 

ただ、私自身の意見としては、

いくつになっても目標を持つことは大切だと考えています。

 

私自身も今まで常に目標を設定して、

それを達成することを繰り返して生きてきました。

目標がないと生きていけない人間に

なってしまったのではないか思います(笑)。

 

これからも目標を設定し、

それに向かって進んでいこうと考えています。

 

ただ、人それぞれ価値観も、やりたいことも違います。

必ずしも大きな目標を持つ必要はありません。

小さな目標でもいいので、コツコツ達成していくことは、

誰にとっても重要なのではないかと思います。

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.