トピックス

働き過ぎるとパフォーマンスが低下する

投稿日:

働き過ぎるとパフォーマンスが低下する

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
↓        ↓

https://youtu.be/RBhDdbnyJEk  

 

 

以前から、ブラック企業の

長時間労働が問題になっています。

 

長時間労働による過度のストレスによって、

心身を病んでしまう人が多数います。

では、何時間ぐらい働くのがいいかと言うと、

実はあまりよく分かっていません。

 

この適切な労働時間について調べた

データをご紹介します。

 

上記の表は、40歳以上のオーストラリア人の

労働時間を分析してまとめたものです。

 

このデータによると、

週に20~25時間ぐらいの労働時間であれば、

パフォーマンスはアップしています。

 

 

しかし、それを超すと

逆にパフォーマンスが低下したり、

メンタル面で問題が起きてくることが分かります。

 

 

長時間労働はなぜ良くないのかと言うと、

さまざまな要因が考えられます。

 

それは、気づかないうちにストレスが溜まったり、

睡眠不足に陥ったりといったことです。

 

いずれにせよ、ダラダラと長時間仕事をするよりは、

短時間集中して仕事をした方が、

健康面も、効率も良い間違いありません。

 

 

また、全く仕事をしないというのも、

それはそれで良くありません。

 

1日3時間ぐらい働くようにすると、

パフォーマンスが上がったり、

メンタル面にもプラスになります。

 

そういった働き方を検討してもいいと思います。

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.