トピックス ブログ

目の前にあるのは事実だけ!!

更新日:

先日、

日曜日の夕方、

神保町で打ち合わせをした後、

交差点付近にある居酒屋に行きました。

 

 

最近できたお店で、

店内もきれい。

 

 

雰囲気もいい感じです。

 

 

 

 

ところが、、、

店内が寒い!!

 

 

なぜ寒いのだろう?

 

 

そこで私は、こう考えました。

 

 

「きっと、新鮮な刺身が乾燥しないように、

暖房を弱めにしているのだろう」

 

 

そう判断した私は、

コートを着たまま、寒さを我慢していました。

 

 

 目の前にあるのは事実だけ1

 

 

 

 

 

 

しかし、、、

 

 

コートを着ていても寒い、、、。

 

 

30分程経った頃、

寒さに耐えきれなくなった私は、

店員に

「寒いので、暖房を強めて下さい」

お願いしたのでした。

 

 

すると、程なく

暖房がガンガン効いてきました(笑)。

 

 

何のことはない。

単に店員は客が寒がっていることに

気づいていなかっただけなのです。

 

 

この一連の流れの中で何が起こったか?

 

 

室温が低い(おそらく20度以下)という事実があった。

 

 

そこで、私は

「わざと室温を低くしているのだろう」と

勝手に判断した。

 

 

自分の判断が間違っていたために

辛い思いをした。

 

 

という流れです。

 

 

 

 

 

 

このように私たちは、

目の前の事実に対して

様々な判断を加えてしまいます。

 

 

 

 

よく使われる例え話に、

 

 

コップの中に半分水が入っているのを見て

どう判断するか?

というものがあります。

 

 

ネガティブな判断をする人は、

「水が半分しかない」と考え、

ポジティブな判断をする人は

「まだ半分もある」と考える

というものです。

 

 

しかし、

実はこれも、、、

 

 

 

 

目の前にあるのは、

水が半分入ったコップ

という事実だけなのです。

 

 

 目の前にあるのは事実だけ2

 

 

 

 

 

 

目の前の事実を

ネガティブにとらえてしまうと

それがストレスになってしまいます。

 

 

そういう人は、

目の前で起きた事実と

自分が下した判断を区別することを

意識してみると良いです。

 

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.