トピックス ブログ

天才とは何か?

更新日:

天才とは何でしょうか?

みなさん、それぞれに漠然としたイメージは抱いていますが、

明確な定義を考えたことは、あまりないと思います。

私がかつて合格した東京大学の理科Ⅲ類

大学受験においては日本の最高峰と言われています。

160311_1

 

 

 

 

 

 

そして、そこに入る人は、みな天才だと、

世間では信じられています。

Googleで「東大理Ⅲ 偏差値」と検索してみると、

偏差値79と出てきました。 

偏差値の細かい話は、ここでは省略しますが、

これはおおよそトップの0.1% に相当します。

つまり、1000人中1人という割合になります。

毎年の定員が100人ですから、

プロ野球選手になるのと同じぐらい狭き門です。

次に、IQはどうでしょうか。

大半の人は、IQの算出法を知らずに、

「IQが高い=天才」と思い込んでいます。

しかし、IQも、単にテストの結果かから、

相対的な位置づけをIQというスコアで表しているに過ぎないのです。

つまり、「IQが高い」ということは、

「IQテストの成績が良かった」という意味合いしか持ちません。

なのに、なぜか多くの人は

偏差値やIQが高い人は天才だと思い込んでいるのです。

1つの分野で突出した結果を出したという点では、

偏差値が高い人も、IQがが高い人も

天才と呼んでいいかも知れません。

そこで、次に疑問に上がるのは、

天才は万能なのかという点です。

結論としては、そんなことはありません。

私の大学時代の同級生のY君は、

某有名進学校から東大理Ⅲに現役で合格した、

受験のトップエリートでした。

本人曰く、高校時代のIQがは校内でも一番高かったそうです。

しかし、大学では全然勉強しなかったため、

成績は低迷していました。

メジャーリーガーのイチロー選手

160311_2

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では、年齢による衰えが見えていますが、

かつては、メジャーの記録を次々と塗り替えた、

紛れも無い天才です。

だからと言って、

イチロー選手に東大を受けろといったらどうでしょうか。

さすがに合格は難しいでしょう。

将棋の羽生名人

160311_3

 

 

 

 

 

 

 

中学生でプロ棋士となり、

19歳で初タイトルを獲得。

以後20年以上にわたって第一線で活躍。

一時は、将棋の7大タイトルを独占。

通算獲得タイトルも90以上という、

まさに天才中の天才、最強の棋士です。

だからと言って、

羽生名人に来年東大理IIIを受けろと言っても、

さすがに無理でしょう(笑)。

つまり天才とは、万能ではないのです。

そうではなく、何か1つの分野で突出している人 、

ダントツに突き抜けている人が、天才と呼ばれているのです。

では、どうすれば天才になれるのか?

天才になるための必要条件とは何でしょうか?

4月に発売される新刊では、

天才脳の秘密を解説しています。

お楽しみに!

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.