トピックス ブログ

仕事の時間は10分の1に減らせる

投稿日:

仕事の時間を10分の1に減らせる!!??

そんなことができたらどうでしょうか?

160206_1

 

 

 

 

 

 

 

夢のような話?

いえいえ、実際に可能なのです。

現に私もそれを経験しています。

では、順を追って説明していきましょう。

まず、「パレートの法則」をご存知でしょうか。

イタリアの経済学者
ヴィルフレート・パレートが

1897年に提唱したもので、

社会全体の所得の約8割は

2割程度の高額所得者がを占めているという

所得分布の経験則です。

この8割対2割という比率が
いろいろなことに当てはまるため、

「80対20の法則」とも呼ばれています。

これをみなさんの収入に当てはめた場合、

8割の収入を生み出しているのは、

全体のわずか2割の仕事にすぎない

ということになります。

そんなばかな!

と思うかも知れませんが、おそらく、

ほとんどの人に当てはまるはずです。

なぜ、そんなことになるかというと、

いわゆる雑用や、

あまり重要でない仕事に時間を取られている
ことが多いからです。

 160206_2

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、あまり重要でない8割を

ばっさり切り捨てたらどうなるか?

収入はあまり変わらず、

仕事の時間は2割に減ります。


まだ10分の1になってないぞ?

と思う方もいると思いますが、

あとは簡単です。

パーフェクトブレインのメソッドを使いこなせば、

仕事のスピードが速くなります。

160206_3

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ仕事を半分の時間でこなせるようになった。

今までの倍の量をこなせるようになった。

このような成果が多数報告されています。

そうすると、どうなるでしょうか?

重要でない仕事をやめて、仕事時間を2割に減らし、

それをさらに倍速でこなせば、

2割 → 1割

となり、もともとの仕事時間の10分の1になってしまうのです。

そんなばかな?

と思うかも知れませんが、

これは実際に可能です。

ただし、多くの人は、

重要でない8割の仕事をばっさり切り捨てられずに

ひきずってしまいます。

それを続けていては、

仕事時間を一日1時間にするのは難しいですが(笑)。

ここまでできなくても、

つねに、

自分にとって重要なことは何か、

自分にしかできないことは何か

と考えるようにすると、

選ぶべきものが見えてくるはずです。

自分にしかできないことは何か?

毎日、意識してみましょう。

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.