トピックス

好調な時こそ、ヤバいと思おう!

投稿日:

好調な時こそ、ヤバいと思おう!

人間は今の状況が

ずっと続くと思いがちです。

 

何か悪いことが起こると、

それがずっと続くと思ってしまいます。

 

今回のコロナ騒動そうですが、

その状況がずっと続くように思ってしまいます。

逆に、良いことが起こっても、

それがずっと続くと思ってしまいます。

 

たとえば、株価が急上昇すると、

そのまま上がり続けるんじゃないか

などと思ったり、

ビジネスが順調にいっている時は、

この調子でずっと上手くいくんじゃないか

などと思ってしまうのです。

 

しかし、それが

ずっと続くとは限りません。

 

ビジネスが好調だったとしても、

何らかの要因で、売上が減少することも

ありえます。

 

ライバルが出現して売上が減ったり、

一人でビジネスをやっていて、

労働収入に頼っていると

病気で収入が減ってしまったり、

コロナの影響で売上が落ちたりするなど、

いろいろなことが起こりうるのです。

 

ですから、今の状況がずっと続くとは

思わない方がいいです。

 

では、どうすればいいのか?

 

私自身、かつて

このようなことがありました。

 

5万円ほどの、ある教材を販売したところ、

これが当たり、最初の2週間で

200本売れました。

 

売上にすると、

1000万円になります。

 

その時に、

「大変だ、このまま売れ続けたら

税金対策をしないとまずい

と思ったのですが、次の瞬間、

はたと気づきました。

 

「これはヤバい」と。

 

この状況が、ずっと続くわけがない

と思ったのです。

 

なぜかと言うと、その教材も

最初は爆発的に売れたものの、

その状況をずっと維持できる要素が

思い当たらなかったからです。

 

そうすると、最初は良くても、

今後の売上が落ちてきてしまう

能性が高いです。

 

そこで私はどうしたかと言うと、

販売を促進するために

いろいろな取り組みをしました。

 

まず、その教材が

売れなくなった時に備えて、

別な教材の作成に取りかかりました。

 

好調な状態が下火になった時に

備える活動を考え始めたのです。

 

また、安定した収益源の確保も

考え始めました。

 

ビジネスは、調子がいい時は

売上が急上昇しますが、

その状態が、ずっと

続くわけではありません。

 

ですから、安定した収益源に

切り替えていく必要があります。

 

そのためには、安定して

売上が上がるような

仕組みづくりが必要になります。

 

私の場合は、セミナーなどで

安定して収益が上がるような

仕組み作っていきました。

さらに、私は、

安定した収入が入るように

不動産投資にも取り組みました。

 

不動産を購入して、安定した

収入を得るための方法を

考えていたわけです。

 

不動産は、価格も高いので

思いついたからと言って、

すぐに買えるものではありません。

 

しかし、当時から意識した

おかげで、今では安定した

不動産収入を得ることができています。

 

このように、好調な時はそれが

ずっと続くわけではないことを

常に意識して行動する必要があります。

 

ビジネスが好調な時ほど、リスクは何か?

それが起きたらどうなるか?と考えて、

対策を立てていくことがオススメです。

 

よろしければ、動画も

ぜひご覧ください。

 ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/OjPJy2HxwkM
東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2022 All Rights Reserved.