トピックス

英語は準備が10割

投稿日:

英語は準備が10割

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
   ↓        ↓

https://youtu.be/rr-GLPta6hc

 

私は、同時通訳のスペシャリストの先生を招いて、

シークレットセミナーを開催しています。

 

このセミナーは、

メルマガなどでは告知していないのですが、

私の年間セミナーに参加している人限定で開催しています。

 

この同時通訳とはどのようなものかと言うと、

専門的な国際会議、たとえば医学の国際的な学会などの

通訳を意味します。

 

同時通訳なので、喋っている先から

どんどん訳していく必要があります。

 

しかも、訳す内容は専門用語ばかりという、

英語を使う職業の中でも、

最もハイレベルな仕事と言えます。

 

ですから、同時通訳の仕事をする人は

専門用語を翻訳する必要があるのですが、

英語がペラペラだからと言って

専門用語に詳しいかと言うと、

決してそうではありません。

 

日本語に置き換えて考えてみると分かると思いますが、

日本語をペラペラに話せる人でも、

自分の仕事に関係のない専門用語を

たくさん知っているかと言うと、そうではありません。

 

たとえば、銀行員が医学用語に詳しいということは

まずあり得ません。

 

 

同時通訳の仕事をこなすためには

英語ができるだけではなく、

専門用語を覚えておく必要があります。

 

そうなると、会議その場だけでなく、

準備がきわめて重要になります。

 

これは何も同時通訳に限ったことではありません。

日常英会話でも、準備が大切なのです。

 

日常会話と一口に言っても、

状況によって使う表現は異なります。

 

たとえば、海外旅行でも、飛行機内で必要になる会話、

ホテルで必要になる会話、観光地で必要になる会話など、

状況が違えば、必要な表現も異なります。

 

これら全てを一度に把握するのは困難です。

 

しかし、特定の状況で使う表現は、

ある程度パターンが決まっています。

 

たとえば、電球が切れてしまった時や

飛行機の中で「コーヒーを下さい」と言う時など、

状況ごとに使うべき表現は決まっています。

 

ですから、その状況を想定して準備をしておけば、

実際の場面でも成果を挙げることが可能です。

 

こういった準備をするかしないかによって、

結果は大幅に変わってきます。

 

また、それを毎回継続できる人とできない人では

英語力に大きな差がつくことは明らかです。

 

こうして準備を上手く行なって、

自分の英語力をプラスしていくことを

心がけるといいと思います。

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2021 All Rights Reserved.