トピックス

病気産業はこれからも伸び続けるのか?

投稿日:

病気産業はこれからも伸び続けるのか?

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
   ↓        ↓

https://youtu.be/e5UWI_FuqcA 

 

 

糖尿病の患者数が、

世界的に増え続けています。

 

 

2019年現在、世界で

4億6千万人まで増えています。

 

このまま増え続けると、

2045年には7億人に達する予想です。

 

では、なぜこれほどまで

糖尿病患者が増え続けるのでしょうか?

 

 

国別の患者数を見てみると、

特に増えている国はアジアに多いです。

 

中でも中国は1億1千万人、

インドが7千7百万人急激に増えています。

 

では、この原因は何でしょうか?

 

いろいろありますが、一番の問題は砂糖など

糖分の摂取量が増えていることです。

 

糖尿病は、単に血糖値が高くなるだけでなく、

さまざまな合併症を生じ、

ほぼ全身に悪影響を及ぼします。

 

たとえば心臓病、脳梗塞、腎臓病などなど

いろいろな弊害が出てきます。

 

今日のブログのタイトルには、

病気産業という言葉を使いましたが、

これは病気に関わる産業を指します。

 

 

患者が増えて利益を得るのは

製薬会社医療機器の会社です。

 

食品会社健康に良くない食品を

依然として売り続けることで、

負のスパイラルができあがっています。

 

この悪循環をどこかで止めないと、

今後も糖尿病の患者は

増え続けることになります。

 

これは糖尿病に限った話ではありません。

他の病気も確実に増えていきます。

 

これを止めて、病気ではなく、

元気な人を増やしていく取り組みを

考える必要があります。

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.