トピックス ブログ

常識の外に成功がある?

投稿日:

常識の外に成功がある?

先日のメルマガで詰将棋の話をしましたが、

皆さん解けましたでしょうか?

 

念のため、こちらにその問題を再度掲載します。

 

この問題のポイントは初手と言って、最初の手にあります。

最初にまず、飛車を王様の横にもっていき、王手をかけます。

 

通常、相手の陣地三段目以内に入ると駒を裏返して成ることができます。

飛車の場合は龍と言って、さらに強い駒になります。飛車は

縦横にしか動けないのですが、成ると斜めにもひとコマだけ動けるようになります。

ですから、実戦では相手の陣地に入れば成ることがほとんどです。

 

しかし、この問題ではあえて飛車を成らずにそのまま王手をかけます。

 

そうしないと、この後の展開で「打ち歩詰め」になってしまうからです。

打ち歩詰めというのは、将棋の禁じ手の一つで、最後に

王様を詰ます時に、歩で詰ませてはいけないというルールのことを言います。

 

それを防ぐために、この問題ではあえて飛車を成らないという手を選択するのです。

このような手法は詰め将棋ではよくあるのですが、実戦ではあまり登場しません。

そういう意味では、常識外のやり方と言えます。

しかし、そうした常識外のやり方がうまくいくこともあるわけです。

将棋の思考法というのは実生活や仕事でもとても役に立ちます。

今回紹介した問題は、常識と逆の方法を選ぶとうまくいくという方法でした。

 

あなたの周りでも、常識通りにやってうまくいかないことがあるとしたら、

真逆の方法を試してみるとうまくいくかもしれません。

 

*******************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.