トピックス ブログ

記憶のためのポイントその1【繰り返し復習】

投稿日:

受験勉強や資格試験では、
覚えなければいけない項目がたくさんあります。

150801_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを、

どれだけ上手く処理できるかが、
合否の分かれ目とも言えます。

150801_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

それが上手くいかないために、
困っている人が多いのが現実です。

そこで、

記憶を定着させるためのポイント
について考えてみましょう。

いつも説明しているように、
学習というのは、
脳の中に新しい回路を作ることです。


したがって、

記憶が定着するというのは、
この回路が強固なものになることを意味します。

 

150801_3

 

 

 

 

 

そこでまず、
回路を強化するために必要なのは、
繰り返し回路に電流を流すということです。

つまり、

何かを学習したら、
繰り返し復習するのが有効
ということになります。

下図は、

有名な、エビングハウスの忘却曲線です。
150801_4

 

 

 

 

 

 

一度覚えた項目を、
どれだけの時間記憶できているか調べたものです。

この結果によると、
覚えてから1時間で、半分以上忘れてしまい、
翌日には3分の1しか覚えていないのです。

 

 

しかし、

繰り返し復習することで、
忘却を防ぎ、
記憶を定着することができます。

150801_5

 

 

 

 

 

 

 

しかも、

復習に必要な時間は、
ごく短時間で十分
です。

なぜなら、
すでに回路は出来上がっているので、
そこに電流を流すだけの作業で済むから
です。

 

 

150801_3

 

 

 

 

電流が回路を流れるのは一瞬です。

しかし、

それを繰り返すことで、
回路が強化される、
すなわち、記憶が定着するのです。

我々が、日本語を忘れないのも、
毎日使っているからに他なりません。

150801_6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早め早めに、
繰り返し復習して
「記憶の回路を強固なものに」
していきましょう。

 

 

 

脳を強化したいときは、

パーフェクトブレインです。

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.