トピックス

食べちゃダメ!?私が食べなくなったもの3選

更新日:

食べちゃダメ!?私が食べなくなったもの3選

健康法に関して、

指導をしたり、実践したりする中で、

私自身の食生活も大きく変化してきました。

 

食事の指導は、かれこれ

10年以上前から行なっています。

 

その中には、昔はよく食べていたもので、

今はほとんど食べなくなったもの

いくつかあります。

 

それらは要するに

健康に良くないものです。

今回はそれらをご紹介していきます。

 

まず1つめは、ラーメンです。

 

 

最近ラーメンはほとんど食べません。

自分から進んで食べたい

という気にもならないのですが、

それはなぜかと言うと、栄養素よりも

健康に悪い成分の方が多いからです。

 

麺は炭水化物ですし、

何と言っても塩分が多いです。

 

1日の塩分摂取量ラーメン一杯だけで

摂ってしまうのではないかというぐらい

多いのです。

 

栄養面で考えると、

あえて食べる理由が見当たらないので、

いつの間にか食べなくなりました。

 

ただ、

ラーメンを食べに行きましょう!」

と誘われると、なかなか

「健康に良くないのでやめます」

とも言いづらいので、

つきあい食べることもあります。

 

しかし、それも年に、2回

数えるぐらいです。

自ら進んで食べることはありません。

 

もう1つが、辛いものです。

 

昔は、辛いラーメン、辛いカレー、

キムチなどをよく食べていました。

 

近所にラーメン屋があり、そこは

キムチが無料食べられたのです。

 

大きな壺にキムチが入っていて、

その半分ほど食べていました。

 

当時は何とも思わずに食べていたのですが、

その結果どうなったかと言うと、

よくお腹をこわしていました。

 

刺激の強いものを求めていたのか、

他にも、ラーメンやカレーなども

辛いものをよく食べていました。

 

では、なぜ当時の私は

辛い物を好んでいたのでしょうか。

 

疲れが溜まっていたり、

ストレスが溜まっていると、

刺激物がほしくなります。

 

刺激物を摂ることで目が醒めたり、

元気になるという幻想があって

食べていたのではないかと思います。

 

しかし、これも今では

体が受け付けなくなり、

あまり食べなくなりました。

 

そして、今まで紹介した食べ物よりも、

さらに健康に良くない食べ物があります。

 

それは何でしょうか?

 

鶏肉の唐揚げです。

 

これも今は

油っこくて食べる気がしません。

 

天ぷらも同様です。自分から

進んで食べることはありません。

 

特に、唐揚げは医学的に見ても

食べ過ぎない方がいいです。

 

なぜかと言うと、AGEという物質が

たくさん含まれているからです。

 

AGEとは

Advanced Glycation End Productsの略で、

日本語では終末糖化産物と訳されます。

 

タンパク質と糖が結びつく、

糖化によってできるものです。

これは元に戻らない最終的な生成物です。

 

 

糖化というのは、

加熱で促進されます。

 

つまり、加熱された食品は

AGEをたくさん含みます。

 

このAGEは、老化と

密接に関わっています。

 

また、骨粗鬆症、動脈硬化、ガン、

白内障、アルツハイマー病など、

多くの病気の原因になると言われています。

 

唐揚げにも、この

AGEがたくさん含まれています。

 

数値で言うと、同じ鶏肉料理でも

水炊きの場合はAGEが957ですが、

唐揚げは、なんと10倍以上

9732なってしまうのです。

 

油っこい物が好きな人は、

唐揚げなどもよく食べるかと思います。

 

しかし、病気の

きっかけになってしまうものを、

摂っていることは認識しておいた方が

いいでしょう。

 

このように健康に気をつけると

食生活が変わっていきます。

 

ラーメンや辛いものそして

鶏肉の唐揚げの他にも、

今は食べなくなった物はいくつかあります。

 

そういったものを一切摂るなとは言いませんが、

摂り過ぎると健康に良くないことは間違いないので

控えめにすることがオススメです。

 

よろしければ動画も、ぜひご覧ください。

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2021 All Rights Reserved.