トピックス

強みと弱みは紙一重

投稿日:

強みと弱みは紙一重

一昨日、医学部時代の同級生10名と飲み会をしました。

さて、その中で最年長の人は何歳でしょうか?

 

私は現在53歳ですが、医学部の同級生で最年長のSさんは

なんと、69才です。

 

今回の飲み会は、図らずも古稀のお祝いとなりました(笑)。

Sさんが東大理三に入学したのは、なんと、36才の時です。

他の大学を卒業した後、11回チャレンジした後、やっと合格したそうです。

 

当時、この年齢は、東大理三合格の最年長記録でした。

あまりにユニークな経歴なのでマスコミにも取り上げられたそうです。

当時は「ずいぶん年上だなあ」と思っていましたが、

自分が50代になってみると30代なんて、まだまだ若い部類に入ります。

いくらでもチャレンジができる年代と言えます。

 

それにしても、諦めずに11回もチャレンジするというのは

なかなかできることではありません。

 

もしSさんが、10回目で諦めていたら

「東大入試に10回も落ち続けた人」という弱みしか残らなかったでしょう。

しかし、諦めずに11回目のチャレンジをして見事に合格したことで、

一気に弱みが強みに変わったわけです。

「36才で東大理三に入学した凄い人」という強みに、一気に変わったわけです。

あたかも、オセロゲームで黒が白に一気にひっくり返るようなものです。

その後もいろいろなことがありましたが、今でもSさんは現役バリバリで働いています。

 

詳しいことは聞いていませんが、遊びも色々やっているようで、いつも楽しそうにしています。

定年を迎えたサラリーマンが自分のやりたい仕事が見つからず困っている中、同年代のSさんは、

よく働き、よく遊び、とても充実した生活を送っています。

 

これも、Sさんが若い時にリスクを恐れずに

チャレンジした結果と言えます。

 

人生に正解というものはないのでSさんのように

チャレンジすることが正解で、チャレンジしなかった人が不正解

というわけではありません。

 

しかし少なくとも言えることは、

悔いのないように生きるべきということだと思います。

 

しかし、実際のところはそれができずに、なんとなく

不完全燃焼で日々を送っていると言う人が多いのではないでしょうか?

 

そのような方は、ーフェクトブレインマスター養成講座説明会

参加して頂くと、何かブレイクスルー見つかるかもしれません。

 

私の講座では、能力を高め、自分の強みを見つけ、その強みを社会に還元し、

収入もアップするという方法をお伝えしています。

 

ご興味のある方はパーフェクトブレインマスター

説明会にぜひ御参加ください。

   ↓  ↓

http://g-publishing.net/lp/20549/835913/

自分の強みを見つけ、人生を変える!

パーフェクトブレインマスター養成講座説明会

   ↓  ↓ 

http://g-publishing.net/lp/20549/835913/

 

********************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2021 All Rights Reserved.