トピックス ブログ

炭水化物中毒を治すには、どうしたらいいか?

更新日:

炭水化物中毒を治すにはどうしたらいいか?

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
↓    ↓

「炭水化物中毒を治すには、どうしたらいいのか?」

https://youtu.be/r74s7SY6EMA

「炭水化物中毒改善その1 体質を変える!」

https://youtu.be/AFaTXbTDObM

 

まず、炭水化物とは何かと言うと、

ブドウ糖や果糖などの単糖から構成されているものの総称です。

 

つまり、分かりやすく言えば糖分で、糖分が集まったものが炭水化物です。

糖分を含んだものは全て炭水化物と考えても差し支えありません。

 

この炭水化物を摂ると人間の身体はどう反応するのでしょうか。

一言で言うと、気分が良くなります。

気分の良い状態の時は脳内で、ドーパミンなどのホルモンが出ています。

 

私の教材の中では、このドーパミンをやる気のホルモンとして紹介していますが、

やる気が出るだけでなく、気分も良くなるのです。

 

つまり、炭水化物を摂れば気分が良くなるので、どんどん摂ってしまうのです。

それ以外にも、炭水化物を摂り過ぎてしまう理由があります。

 

炭水化物は糖分なので、食べると血糖値が急上昇します。

 

血糖値が急上昇すると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンが分泌されると血糖値は下がります。

 

血糖値が急上昇した時は、インスリンも大量に分泌されるので、

今度は血糖値が急降下します。つまり、血糖値の乱高下が起きるのです。

 

血糖値が急降下すると、人間は強い空腹を感じます。

何か食べなきゃいけないととっさに本能で感じてしまうのです。

 

この時は血糖値が下がっているので糖分を摂ってもよいと考えがちですが、

糖分を摂ればまた、血糖値の乱高下を繰り返す事になってしまいます。

 

血糖値が下がるという事は血液中の糖分が減る事を意味します。

しかし、糖分はなくなるわけではなく、脂肪に変換されて体内に蓄えられるのです。

本来、糖分はエネルギー源として活用しなくてはならないのに、脂肪になってしまうのです。

 

これを繰り返すとどうなるか?

 

肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症などのいわゆる生活習慣病になってしまいます。

この2つの観点から、炭水化物を摂りすぎるのは好ましくないと言えます。

 

それでは、どうすれば炭水化物中毒を治せるのでしょうか?

 

糖分はエネルギー源です。しかし、血糖値が乱高下すると、

本来エネルギーになるはずの糖分は脂肪へと変わってしまうのです。

 

そこで、まず体質を改善するためには、

糖分を本来の役割であるエネルギーとして使われるようにしなくてはなりません。

その上でさらに、糖分だけでなく脂肪もエネルギーとして活用していきます。

 

では、糖分をエネルギーとして活用するためにはどうすればよいでしょうか。

 

それには、ジョギングやエアロバイクを漕ぐなどの有酸素運動が適しています。

有酸素運動をすると、最初のうちは主に糖分がエネルギー源として使われます。

 

しかし、有酸素運動を開始してから20分ぐらい経過すると、

糖分だけではエネルギーが足りなくなってきます。

 

ここで、脂肪もエネルギー源として使われ始めます。

 

そして時間が経つにつれ、糖分がエネルギーとして使われる割合が減り、

脂肪が使われる割合が増えていきます。

したがって有酸素運動を続ければ、脂肪を燃焼しやすい体質に変わっていくと言えます。

 

もちろん体質改善は一朝一夕にできるものではないので、

定期的に有酸素運動を継続する必要があります

 

これが、体質を改善するための第一段階です。

 

有酸素運動を継続する事、また血糖値の乱高下しない

食事の摂り方を組み合わせる事で、脂肪燃焼体質を確立する事ができます。

 

この食事の摂り方については、次回解説していきます。

 

 

****************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.