トピックス

自力で目覚める方法

更新日:

自力で目覚める方法

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
↓        ↓

https://youtu.be/nIGVIH7nHCo 

 

 

今回の自力で目覚める方法とは、目覚まし時計なしで起きる方法とも

言い換える事ができます。

 

朝、多くの人は目覚まし時計を使って起きているかと思いますが、

中には目覚まし時計を使わずに、自然に起きられる人もいます。

このような起き方を、自己覚醒と言います。自分自身で目覚めるという意味です。

 

 

この自己覚醒のメリットは、主に2つあります。

 

1つめは、スッキリ起きられる事です。目覚まし時計で突然起こされるわけではないので

自然に目覚める事ができます。

 

人間の脳波は、睡眠中は周波数の少ない、穏やかなデルタ波がになっています。

そして起床時刻が近づくにしたがって、眠りが浅くなり、デルタ波は減少します。

 

人間の能力とは不思議なもので、このように「自分で起きよう」と意識しただけで

無意識のうちに脳波が覚醒する方向に変化し、スッキリと起きられるのです。

 

また、2つめのメリットですが、自己覚醒は午後の眠気を軽減し、

日中の居眠りが少ないという報告もあります。これは、集中力アップにも有効です。

 

医学的な観点から言うと、自己覚醒する時は、コルチゾールというホルモンの分泌が増加します。

この点からも、自己覚醒の方が生理的にも好ましいのが分かります

では、自己覚醒するための具体的なやり方を紹介します。

まず夜寝る前に、朝の起床時刻を意識します。

たとえば7時に起きたいのであれば、7時に起きる自分を明確にイメージしてから眠りにつきます。

 

これを繰り返すうちに、だんだんと思った通りの時刻に起きられるようになります。

とてもシンプルな方法ですが、生理的にも自然で日中の集中力も高まります。

 

ご興味のある方はぜひ一度試してみてください。

****************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.