トピックス ブログ

22歳で起業した若者

投稿日:

閉ざされた日本社会

最近、テレビをつけると、

話題は舛添さん一色。

もういい加減、聞き飽きた感じです。

日本のマスコミは、

かなり情報統制されているため、

本当に重要な情報は流さない。

そして、一般受けする、

他愛もない話ばかりが電波に乗る、、、。

そうしている間にも、

世界はどんどん動いています。

たとえば、今、ヨーロッパでは、

イギリスのEU離脱が問題になっています。

160605_1

まだ、どちらに転ぶか、予想がつかない状況ですが、

仮にイギリスの離脱に決まった場合、

世界経済に与えるインパクトはかなり大きいと言われています。

しかし、このような世界情勢はそっちのけで、

日本のメディアは舛添、ますぞえ、マスゾエ、、、、。

こんなことで、日本の将来は、

日本の若者は大丈夫でしょうか?

ちなみに、私の甥っ子は、

まだ22歳ですが、大学卒業と同時に

タイに移り住み、起業しています。

160605_2

同級生たちが、必死に就職活動をする中、

全く就職活動をせず、

学生時代から、日本と東南アジアを行き来する

暮らしを楽しんでいました。

なぜ、彼が若くしてアジアで起業することになったのか?

それには訳があります。

今から、4年半ほど前。

私と弟は、東南アジア諸国に視察に訪れていました。

なぜかというと、当時、巷では、

日本は経済破綻するという噂が流れており、

それに備えて、香港やシンガポールに資産を移している人が多い

という話を聞いたからです。

まあ、我々は資産はなかったのですが(笑)、

とりあえず、シンガポールに行ってみようということになりました。

その時、私が弟に

「じゃあ、せっかくだから、◯◯も連れてってやろう。

どうせ、あんな大学に行ってても、勉強にならないだろうし」

と提案したのです。(同じ大学の方、失礼な発言をお許しください)

初めて訪れたシンガポール。

我々も甥っ子もカルチャーショックを受けました。

日本よりも進んだ国が、東南アジアにあるなんて、、、

そして、マレーシア、タイ、フィリピン、ベトナム、、、

どの国も、若者が多く、活気に溢れています。

160605_3

この若者の圧倒的な数、パワー。

これは、近い将来、日本の若者は負けてしまう、、

いや、すでに負けている。

我々は、そう確信しました。

甥っ子は、その後、半年間マレーシアに語学留学。

その後もアジアを頻回に訪れ、

ビジネスの素地を作り、

起業に至ったのです。

甥っ子のようなケースは、極めて稀です。

今、日本の若者が浸かっているのは、

ぬるま湯でできた「流れるプール」

160605_4

居心地がいいからと、

身を任せているうちに、

自分の意図せぬ方向に流されていきます。

そして、気付いた時には、

手遅れになっているでしょう。

そうならないためには、

脳の使い方を変え、

知恵と力を付ける必要があります。

そのための武器がパーフェクトブレイン20‘sなのです。

ぜひ、この機会にチャンスを掴んでください!!

 

詳細はメルマガにて告知していますので、

まだ登録されていない方は、

ぜひ、この機会にご登録ください。

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.