トピックス ブログ

高齢者の移住で地方を活性化するためには?

投稿日:

150922_1

昨日は敬老の日 。

少子高齢化の進む日本は、
80歳以上が1000万人、
65歳以上が、全体の26.7%

まで増加しました。

150922_2

こうして高齢者が増える一方で、
日本は地方の過疎化が進んでいます。
ところが、杉並区の調査によると、
中高年の約4割が地方移住の願望があるそうです。

150922_3

>

日経新聞より

しかし、

簡単に実現するわけではなく、
不安要素もあります。

なかでも一番大きいのは
医療・介護の問題です。

150922_4

一方、先日もお伝えした通り、
医療費や介護費は増大する一方です。

150922_5

国は、医療費増加を抑えようと
やっきになっていますが、
一番医療費のかかる高齢者が増えているのですから、
今のシステムのままで抑制できるはずがありません。
150922_6

ところが、

ここで発想を変え、
医療を産業として捉えれば、
地方にもチャンスが生まれます。

高齢者が地方に移住すれば、
医療産業は潤うはずです。

もちろん、

今のシステムのままでは、
国の負担が増大するので、
何か変革は必要でしょう。

そして、

何よりもまず、
地方の医療を充実させる必要があります。

千葉県を例に考えてみると、
地方にも旭中央病院や亀田総合病院といった
高度医療を提供できる立派な病院があります。


しかし、

二次救急といって、
比較的軽症の救急患者を診られる病院が少ない
ために、
これら大病院にしわ寄せが来てしまいます。

このような救急医療を整備し、
更に高度な医療施設も充実させることができれば、
多くの高齢者が安心して地方に移り住むでしょう。

もちろん、口で言うのは簡単で、
単なる絵に描いた餅ですが、
私が提唱する外国人医師の積極的導入を行えば、
遅くとも10年後には実現
できるはずです。

日本の高齢者の預貯金は
トータルで1000兆円以上と言われています。
それが地方に流れれば、
活性化に繋がるのは間違いありません。

石破大臣には、
こんな発想はないと思いますが、
いずれアドバイスを求めに来ていただける日を楽しみにしています。

 

 

 

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.