トピックス ブログ

限界点を突破する!!

更新日:

先日開催された東京マラソン

 

ケニアのキプサング選手

日本国内のレースでは初めて

2時間3分台のタイムで優勝しました。

 限界点を突破する1

 

http://www.hochi.co.jp/sports/column/20170301-OHT1T50138.html

 

 

かつて日本人最強ランナーと言われた

瀬古利彦選手のベストタイム

2時間8分27秒(1986年)。

 

 

現在のマラソンの世界記録は

2時間2分57秒

 

 

30年前には、

マラソンで2時間3分を切る選手が登場するなどと

誰が予想したでしょうか。

 

 

 

マラソンの場合、脚力や持久力以外にも

コースの状況や気温、風など多くの要素が

タイムに影響を与えますが、

いずれは2時間の壁を切る日も来るでしょう。

 

 

 

同じように

かつて、陸上競技では、

「1マイル4分の壁」

というものがありました。

 

 

1923年

パーヴォ•ヌルミという選手が、1マイル走で

4分10秒3という記録を出しました。

 

 

この当時専門家の間では、

「1マイル走で4分を切るのは人間の能力の限界を越えている」

と考えられていました。

 

 

そして、

長い間「4分の壁」は破られなかったのです。

 

それから31年後の1954年。

 

 

ロジャー•バニスターという選手が 、

 

 

3分59秒4という記録を出し、

ついに「4分の壁」を破ったのです。

 

 

これまで何十年間も破られなかった

4分の壁。

 

 

ところが、バニスター選手が記録を出した

わずか46日後には、、、

 

 

オーストラリアのジョン•ランディ選手が、

3分58秒0という記録を出し、

再び「4分の壁」を越えてしまいました。

 

 

そしてその後は、

4分を切るランナーが続々と出現したのです。

 

 

 限界点を突破する2

 

 

 

 

このような

「壁」や

「限界点」というものには

物理的な要素よりも

心理的な要因が影響することが多々あります。

 

 

ふだん、

「これ以上は無理」

「これが限界」と思っていることも

チャレンジして越えてみると、

新しい世界が見えるかも知れません。

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.