トピックス

踵着地はやめなさい!

投稿日:

踵着地をやめなさい!

一昨日開催した成田でのセミナー。大雨の影響で参加できなかった人もいましたが、

それでも北海道など遠方からも大勢参加し、大盛況でした。

このようなセミナーを開催することで、多くの素晴らしい人たちと出会うことができ、

楽しい時間を過ごすことができます。

 

人生を生きていく上で、お金も大切ですが、何より一番大切なのはやはり人ですね。

これこそ、私にとっての財産だと思います。

 

さて、、、今日のテーマは「踵着地はやめなさい!」です。

 

私は、セミナーメンバーに、ジョギングを推奨しています。

いつもブログに書いているように走ることで脳が活性化しますし、健康にも良いからです。

しかし、その際に、注意しなければならないことがあります。

 

それは何かと言うと、正しい走り方を身につけるということです。

 

特に気を付けなければいけないポイントは、「踵から着地しない」ということです。

踵から着地すると、地面からの衝撃が直接膝に伝わってしまいます。

これが膝や腰を痛める原因となります。

 

そこで、なるべくつま先寄りから着地するのがポイントです。

それと、着地点を身体の前方にせず、重心の真下にするのもポイントです。

これはやや難しいので、また機会のある時に解説したいと思います。

 

いずれにしても、踵から着地しないということが最大のポイントとなります。

これは走る時だけでなく、歩く時にも当てはまります。

しかし、周りを見渡して頂けば分かりますが、

踵着地しないで歩いている人はほとんどいないと思います。

 

それはなぜかと言うと、市販の靴が、ほとんど踵着地用に作られているからです。

踵の靴底を分厚くすることで、少しでも衝撃を和らげようとしているのですが、

逆にそれが災いして、つま先から着地できなくなっています。

こうしたことに気づかずに踵着地を続けていれば、

知らず知らずのうちに膝を痛めてしまうのです。

高齢者の多い日本社会では、なんと膝痛を抱えている人は

50才以上の人で820万人これは6人に1人の割合です。

 

こうした膝痛の原因が、全て踵着地によるものとは言い切れませんが、

踵着地をやめた方がいいのは間違いありません。

とはいっても、長年染みついてしまった習慣を変えるのは非常に困難です。

 

そこで私は、以前にも「正しい歩き方セミナー」というものを開催しました。

この講座の中で、踵着地をしない正しい歩き方を解説したところ、

とても好評でした。

 

「またセミナーを開催してほしい」

「前回参加できなかったので、またセミナーがあるなら参加したい!」

というご要望をたくさん頂いているため、今回第2回の

「正しい歩き方セミナー」開催することにしました。

 

場所は、加圧スタジオ HIWALANI 町田店です。

 

7月22日(日)の14時から開催となります。

 

このセミナーに参加して頂けば、

膝を痛めない正しい歩き方を身につけることができます。

 

ご興味のある方は、こちらのフォームからお申込みください。

↓  ↓  ↓

お問い合わせフォーム

 

********************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.