トピックス ブログ

資格試験と集中力の理論

更新日:

資格試験

就職、転職、キャリアアップ、

収入アップのために欠かせないキーワードです。

160203_1

 

 

 

 

 

 

 

以前もお話したように、
試験勉強の全体像をつかむのに、

パーフェクトブレインの理論が役立ちます。

まず、新しいことを学習する時に必要になるのが、

「置き換え」です。

160203_2

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、宅地建物取引士の試験勉強で、

初めて、「成年被後見人」という言葉を習ったとします。

最初は、何のことだかわからないので、
意味を調べる必要があります。

すると、

精神上の障害により判断能力を欠くとして、
家庭裁判所から後見開始の審判を受けた人。

本人の代理として成年後見人が財産管理などを行う。

このような解説が見つかります。

しかし、これでもわかりにくいので、

もっとわかりやすい言葉に「置き換え」ます。

たとえば、

頭がおかしくて、自分の財産を管理できない人

と言った感じです。

このような「置き換え」を行って
初めて理解に到達するわけです。

160203_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがいつも言っている

脳内回路作りの第一歩になります。

この段階では、回路が弱いので、

読んで理解するのに時間がかかります。

しかし、スピードを意識して繰り返しているうちに、

徐々に高速化し、

置き換えをしなくても、
ダイレクトに理解できるようになります。

160203_4

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、脳内回路が強化され、高速化した状態です。

もうお気づきだと思いますが、

これは英語の学習と全く一緒です。

英語でも、知らない単語を日本語に置き換え、

それから理解するという過程が必要になります。

実は、資格試験の勉強も同じ作業が必要なのです。

日本語だから理解できるというのは、

大きな勘違いです。

普段使わない言葉、つまり専門用語は、

知らない英単語と同じなのです。

さて、次に必要なのは、目標設定です。

資格試験における目標は何か?

160203_5

 

 

 

 

 

 

 

 

目標は、単純です。

試験本番の問題を解けることです。

過去問も、

通常、同程度のレベルの問題ですから、

本番の問題を解けることと、

過去問を解けることは、
ほぼイコールとなります。

160203_6

 

 

 

 

 

 

 

では、過去問が解ければ良いのか?

と、ここで安心してはいけません。

これは必要条件ですが、

さらに必要なことがあります。

続きはメルマガで、、、

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.