トピックス ブログ

自分の強みは意外と分からない

投稿日:

今まで、40年以上生きて来ましたが、
私には何も取り柄がありません。
こんな私でも何かできるでしょうか?

このような質問を受けることが、
しばしばあります。

151214_1

 

 

 

 

 

 

 

このような時に私は、

大丈夫です。何かできるはずです。

と答えます。

なぜかというと、
40年以上も生きるためには、
それなりの生きる力や知恵が必要であり、
本人が気づかないうちに、
それを発揮している
ことが多いからです。

そして、

灯台下暗し(とうだいもとくらし)ではありませんが、
自分の強みと言うのは、
意外なほど気づかない
ものなのです。

151214_2

 

 

 

 

 

 

 

例えば、空手の有段者は、
普通の人から見たら、ものすごく強いわけですが、

本人はふだんもっと強い人に揉まれているので、
逆に、
「自分なんかたいしたことない」
と思っていることが多いのです。

このように、ほとんどの人は、
自分の専門性や技術を、知らず知らずのうちに、
当たり前のことだと思い込んでいます。

従って、
あなたの強みは何か?
と聞かれても、
一番の強みが出て来ないのです。

仕事でも勉強でも、
自分の強みを知り、それを活かすことができれば、
優位に立つことができます。

それを知らずに戦うのは、
プロ野球選手が、突然、
サッカー選手に混じって試合をするようなものです。

では、

どうすれば、自分の強みを見つけることができるでしょうか?

ポイントは2つあります。

まず一つ目は、
常日頃から、
自分の強みは何か、
人に多くの価値を提供できるポイントは何かと、
自問自答
することです。
それによって自分の強みに気づくことがあります。

そして、もう一つは、、、、

他人の目を借りることです。

151214_31

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分では気づかない強みが、
他人から見ると、
よくわかることがあります。


自分の姿は、鏡で見ないとわからないように、
自分の強みも、自分ではよく見えないことが多いのです。

「あなたって、ここがすごいよね」

「いや、そんなことないよ」

 

 



と言った、何気ない会話の中にヒントが潜んでいるかも知れません。

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.