トピックス ブログ

脳を活性化する鍵はワーキングメモリー

更新日:

仕事でも勉強でも、
脳の働きを改善するための重要なポイントが、
ワーキングメモリーです。

ワーキングメモリー

これは日本語では「作業記憶」と訳されています。 

これと似た言葉で「短期記憶」というものがありますが、

ワーキングメモリー(作業記憶)とは若干異なります。

160318_1

 

 

 

 

 

 

人間の脳には、短時間だけ記憶する「短期記憶」と、

長期間 に渡って記憶しておく「長期記憶」という機能が

別個に存在しています。

パソコンに例えると、
ハードディスクが「長期記憶」、

メモリーが「短期記憶」と考えるとわかりやすいでしょう。 

人間が何か作業をする時は、
複数の作業の「段取り」を考え、
それを「短期間記憶」し、
順番に、あるいは並行して作業をこなしていきます。


このように、段取りを考え、記憶し、実行する力が
ワーキングメモリー
なのです。

ところが、人間の脳は、
この短期記憶が弱いため、、、

脳の中で段取りを記憶しておくのが苦手なのです。

パソコンで同時に複数のソフトを立ち上げたまま作業してい ると、
メモリーをどんどん消費し、
動きが遅くなったり、
フ リーズしてしまったりした経験はありませんか? 

人間の脳でもまさしくこれと同じ現象が起きています。

160318_2

 

 

 

 

 

 

パソコンであればメモリーを増やすことで解決できますが、

人間の場合はそう簡単にはいきません。

では、どうすれば良いのか?

具体的なやり方を、今度の新刊で解説しています。

ほんの少し、脳の使い方を変えるだけで、

集中力を高めることができます。

お楽しみに。

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.