トピックス ブログ

脳を活性化する咀嚼法

投稿日:

私は集中力を高めて
勉強や仕事の時間を短縮する


ことを推奨していますが、 

食事の時間だけは例外です。 

150908_11

 

 

 

 

 

 

食事はゆっくり食べた方が
胃腸の負担を軽くできますし、 
他にも様々なメリットがあります。
 

まず、食べ過ぎを防ぐことができます。 

急いで食べると、
血糖値が上がって満腹感が出る前に 
食べ物を胃に流し込んでしまうので、
必要以上に食べてしまいます。

150908_21

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ゆっくり食べていれば、
血糖値が上昇してきて満腹感を感じられますから、 
食べ過ぎになる前にストップできます。 

さらに
よく噛んで食べることで、
脳にも刺激を与え、活性化する

と言われています。 

どのぐらい噛めば良いかわからない人も多いと思いますが、
目安としては一口30回と言われています。 

しかし、

これすらきちんと実行できない人が多いのです。 

なぜかと言うと、早食いが習慣化している人は 
味噌汁や水と一緒に食べ物を流し込んでしまうのです。 

そこで、私が考案したのは、
「液体で食物を流し込むのをやめる」
という方法です。

よく噛めば、唾液がたくさん出ますし、
液体で流し込まなくても、 
柔らかくなった食べ物は
自然に食道を通過して胃に入っていきます。 

この方法だと、
噛まずに飲み込むのは難しいので、 
自然によく噛む習慣が身につきます。

 

 

 

 

 

 

脳を最大限に活性化する方法は、

パーフェクトブレインです。

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.