トピックス ブログ

脳を活性化する仮眠のとり方

投稿日:

脳を活性化する仮眠のとり方

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
↓        ↓

https://youtu.be/gZJgkQQI4X4

 

夜、十分な睡眠時間がとれて、しっかり熟睡し、疲れがとれる、、、

そのような人は、日中に眠気を感じる事はあまりないかと思います。

 

しかし、忙しい現代人は、そこまで十分な睡眠をとれない事も多く、

どうしても昼間に眠気が出てしまう事があるのではないでしょうか。

 

眠気を感じた状態のまま、仕事や勉強を続けるのでは効率が落ちて、

集中力も低下してしまいます。

 

そのような時は、適度に仮眠をとった方が仕事や勉強の効率をアップできるのです

では、仮眠はどのようにとるのがよいかを解説していきます。

まず、仮眠の時間ですが、1回あたり5~15分、長くても20分以下と、

あまり長くとらない方が好ましいです。

 

なぜ短い方がいいのでしょうか。

 

以前のメルマガで、睡眠は90分間隔で深い眠りと浅い眠りを繰り返すという

周期について説明しましたが、仮眠の時間が長いと、眠りが深くなり過ぎてしまいます。

 

眠りが深くなると、目覚まし時計を鳴らしてもあまりスッキリ起きられなくなり、

覚醒するのに時間がかかるので、すぐに仕事や勉強にかかれなくなってしまうのです。

ですから、1回あたりの仮眠は5~15分に抑える事がポイントです。

 

次に、仮眠の回数です。仮眠は1日に何回とってよいかと言うと、

5~10分程度の短い時間であれば、1日に数回とっても問題ありません。

 

ただし、間隔は2時間ぐらい空けるのがよいでしょう。

 

つまり、1日に数回5分~15分の仮眠をとれば眠気が消え、

集中力を高める事ができるという事になります。

 

「長く眠らないと眠気がとれないのでは?」誤解している方も多いのですが、

このように短い仮眠でも眠気はしっかりとれるので、

ぜひ一度お試しください。

****************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.