トピックス ブログ

脂肪蓄積体質を脂肪燃焼体質に変える3つのポイント

更新日:

脂肪蓄積体質を脂肪燃焼体質に変える3つのポイント

なかなかダイエットができない、、、と悩んでいる方も少なくないと思います。

あなたがなぜダイエットができないのか? その理由を考えてみましょう。

 

ダイエットができない人は、体質が、脂肪蓄積体質になっています。

つまり、脂肪がたまりやすい体質になっているのです。

これを脂肪燃焼しやすい体質に変えることが重要です。

 

そうすれば、少しくらい食べ過ぎても、簡単に脂肪を燃焼して

体重を落とせる体質になります!

 

では、どうすれば脂肪燃焼体質になれるか?

そのポイントは3つあります。

 

ポイント1、炭水化物を控える

これは、いつもメルマガで書いていることですが、

いわゆる糖質の摂り過ぎはよくありません。

血糖値が急上昇してしまい、その結果インスリンといって血糖を下げるホルモンが大量に分泌され、

血糖値は下がりますが、血液中の糖分が全て脂肪となって蓄えられてしまうのです。

ですから、糖質を控え、血糖の乱高下をなくすことが、まず重要になります。

ポイント2 有酸素運動をする

脂肪を燃焼するためには、ジョギングなどの有酸素運動が有効です。

走りだしてから20分ぐらいまでは、エネルギー源として糖分が主に使われます。

ところが、20分以降は、糖分の利用が減り、脂肪が燃焼されるようになるのです。

ジョギングなどの有酸素運動を繰り返していると、

自然と脂肪を燃焼しやすい体質に変わっていきます。

ポイント3 空腹の時に少し我慢する

おなかが空くと、すぐに何か食べようとする人が多いと思います。

しかし、これをしてしまうと、前述したように血糖値の

乱高下が起きてしまいます。

でも、おなかが空いたら我慢できない!という人もいるかもしれませんが、

ここでしばらくグッと堪えるのがポイントです。

 

おなかが空いている状態というのは、血液中の糖分が不足している状態、

つまり、血糖値が下がった状態です。先ほどの、有酸素運動中のエネルギー源と同じで、

人間の体は糖分が不足すれば、その代わりに脂肪をエネルギーとして使おうとします。

 

ですから、運動中以外でも空腹を感じた時に、少し我慢していると、

脂肪の燃焼が増えてくるのです。

 

もちろん、あまりにも低血糖が酷くて、手が震えるような時はすぐに

何か食べた方がよいでしょう。

 

しかし、軽い空腹であれば、何か食べるよりも、少し我慢することで、

一歩、脂肪燃焼体質に近づくことができるのです。

 

このようなポイントをおさえながら、あなたもぜひ脂肪燃焼体質を手に入れてください。

 

詳しい話を聴きたい方は、明日開催されるダイエットセミナーぜひお越しください。

年内は、おそらくこの1回限りとなります。

ぜひこの機会に私の講義を聞いて、脂肪燃焼体質を手に入れてください!

==================================

「夏に間に合う!!加圧ダイエットセミナー」

日時:5月21日(月)19:00~

会場:加圧スタジオHIWALANI elua(町田店)

   https://www.hiwalani-elua.com/

参加希望の方は、

↓こちらのメールにご連絡ください。

fortunefield0104@gmail.com

=================

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.