トピックス ブログ

究極の集中が天才を生む

更新日:

天才とそうでない人の差とは? 

バカと天才は紙一重と言いますが、

実は、天才とそうでない人の差も紙一重

160313_1

 

 

 

 

 

 

では、その差とは何でしょう。

それこそが究極の集中なのです。

私がいつも伝えている集中の

全てを実践しているのがまさに天才達。

自分が得意なものを見極め、

そこに集中する。まさにエッセンシャル集中。

しかも、その集中を継続する力。
まさにスタミナ集中。

メジャーリーガーのイチロー選手。

子どもの頃バッティングセンターに行くと、

自分の納得のいくバッティングができるまで

打ち続けたというのは有名な話です。

160313_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、高校3年間寝る前に必ず素振りしたいたそうです。

それだけ、心も体も野球に集中していた。 

もしイチローが素振りせずに、ゲームに集中していたら、

メジャーリーグの記録を塗り替えるどころか、

プロ野球選手にも成れなかったでしょう。

将棋の羽生名人。 

かつて将棋界の常識を次々と覆しました。 

160313_3

 

 

 

 

 

 

 

 

紙の棋譜の収集をやめ、

データを分析するためにコンピューターを導入 。

それまでの将棋界では、
「将棋に強くなるためには、人生経験も必要」

などとまことしやかに言われていたが、

これを真っ向から否定し、なんと、、、

「将棋に強くなるためには、
将棋の勉強をするしかない」
と、

NHK取材に対し、きっぱり。

そうして将棋に集中した結果が、

前人未到の偉業へと結びついたわけです。

天才とそうでない人の差は紙一重。

しかし、それが毎日積み重なると、

徐々に紙の束は厚くなり、

やがては富士山の高さを超えるほどになるのです。

160313_4

 

 

 

 

 

このような集中を継続できた者だけが、

天才の領域に足を踏み入れることができるのです。

このような究極の集中を手に入れた天才たちの

脳の中では何が起きているか?

その話は、今度の新刊の中で解説していますので、

お楽しみにお待ち下さい。

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.