トピックス ブログ

無理なく走るチーランニング(気ランニング)

更新日:

健康のためのジョギングで故障してしまい、

逆に不健康になってしまっては本末転倒です。

そうならないためには、走り方が重要です。

そこで私がお勧めするのは、

チーランニング(Chi running)という走法です。
http://www.chirunning.com/

体の重心はおへその2〜3cm下にあります。

図右のように、体をやや前傾すると、

重心の位置も前に移動するので、

体は自然に前に進みます。

下り坂で体が自然に進んでいくのと同じ感覚です。

そして、前足は、重心の真下に着地するようにします。

そうすると、推進力を殺さずに、

無理な力を入れることなく、

楽に走ることができます。

160319_1

 

 

 

 

 

チーランニングは、体を前傾し、

重力の力を利用して走るのですが、

その他にも気を付ける点がいくつかあります。

そのポイントは主に3つです。

1 太ももを前に出そうとしない

2 着地は重心の真下  
足底をフラット、
またはつま先よりに重心をかけて着地。
かかと着地はしない

3 踵から靴底を浮かせていき、後ろ足を曲げる  
ここでも、脚を前に出そうとしない。後ろに曲げるだけ。

1 太ももを前に出そうとしない

通常の走り方では、

前脚の太ももを上げて脚を前に出そうとしますが、

チーランニングでは、前脚は上げません。

前傾姿勢による重力の力に任せて、倒れるように前に進みます。

2  踵から着地すると、図左のように、

地面からの衝撃が直接膝に伝わります。

そうならないように、

着地は靴底全体でフラットに着くか、

少しつま先よりに体重をかけるようにします。

現在市販されているランニングシューズのほとんどは

踵が厚くなっているため、

完全なつま先着地は難しいですが、

踵に直接衝撃が来ないよう、

つま先よりに体重をかけることを意識しましょう。

いずれにしても、着地は重心の真下を意識します。

3 実際にやっていただくとわかりますが、

太ももを前に出そうとしなくても、

前傾して、後ろ足を曲げるだけで、自然に前に進んでいきます。

これだけではよくわからないという方は、

「無理なく走れる気ランニング」という書籍も出ていますので、

ご興味のある方はお読みください。

しかしながら、本だけでは習得が難しいと思いますので、

本格的に取り組みたい方は、

認定トレーナーの指導を受けるのが良いと思います。

160319_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、日本では、今のところ認定トレーナーは一人だけです。

中島さんという方が指導をされていますので、

ご興味のある方はお問い合わせください。
http://ameblo.jp/chirunning/

 

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.