トピックス ブログ

日本人の生産性は低いのか?

投稿日:

日本人の生産性は低いのか?

昨年、「生産性」という言葉が悪い意味で話題になりました。

今日の話は、生産性に関する真面目な話です。

 

日本人の労働生産性は、先進国の中で最下位と言われています。

これを聞いた時、私はとても意外な感じがしました。

なぜなら、日本人は勤勉で仕事も速いからです。

 

ちなみに、労働生産性をどのように評価しているかと言うと、

以下の2つになります。

 

(1)1人あたりの労働生産性  = GDP ÷ 就業者数

(2)時間あたり労働生産性     = GDP ÷ 総労働時間(就業者数×労働時間)

詳しくはこちらをご覧ください。

https://workit.vaio.com/i-factors-that-worked-well-2/

 

これを単純に考えると、一人一人がたくさん稼ぐ事ができれば、

労働生産性が高いという事になります。

ここで問題になるのが、日本は他の国に比べて、物価が非常に安いという事です。

私はハワイによく行きますが、ハワイと日本の物価は

ざっくり2倍ぐらいの違いがあります。

これは、おそらくオーストラリアなどと比較してもあまり変わらないと思います。

 

ハワイのワイキキに行くと、ABCストアというお店が、

日本のコンビニのようにあちこちに立ち並んでいます。

このお店でサラダを買うと、500円以上します。

ですから、日本のコンビニでサラダを買う金額の2倍、あるいはそれ以上です。

 

しかし、店員は仕事がとても遅いです(笑)。

どうひいき目に見ても、日本人の半分以下の速度です。

 

ここでまた単純に計算をしてみましょう。

ハワイの店員は、日本人の半分の速度なので、物が半分しか売れません。

しかし、物価が2倍なので、2分の1 × 2 = 1 で、

結局、日本人店員と同じだけの売上を上げる事ができます。

そうすると、労働生産性は同じはずです。

 

ところが、ここで問題になるのは、賃金の違いです。

賃金も、ハワイの方が日本の2倍、あるいはそれ以上です。

 

どちらを基準にするかは難しいところですが、

日本の賃金は明らかに安すぎると思います。

 

そのため、必要以上に人員を配置している可能性があります。

そうすると結果として、一人あたりの売上は低くなってしまいます。

 

このような事から推測すると、やはり日本人の

計算上の労働生産性は低いのだろうという結論になります。

 

なぜ勤勉で優秀なはずの日本人の労働生産性は低いのか?

 

このようになってしまったのは、日本人のセルフイメージに原因があると思います。

長い間の不景気やデフレのため、安い物価や低い賃金が

当たり前だという意識になってしまっているのです。

 

ですから、

「自分はこれだけ仕事ができるのだから、もっと高い給料をもらって当たり前だ」

といったセルフイメージを持つ事ができないのだと思われます。

 

実際、勤務医の給料なども、私が医学部を卒業した頃とほとんど変わっていません。

おそらく、サラリーマンやアルバイトの人の給料も同様でしょう。

 

逆に考えれば、このようなセルフイメージを変えさえすれば、

一気に収入をアップできるチャンスたくさんあるとも言えます。

 

先日のメルマガでも書きましたが、私は今年は

生産性をMAXにするべく、新しい仕組みづくりに邁進しています。

****************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.