トピックス ブログ

意外と知られていない!加圧トレーニングの真実

更新日:

今から13年前の2002年に、

私は加圧トレーニングの研究をはじめ、実践してきました。

加圧を実践して、
いろいろと不思議なことが起こりました。

まず、小学生の時に痛めて、
それ以来ずっと痛かった膝が治ってしまいました。
25年間も痛かった膝が、
痛くなくなった
のです。

私は、
この膝の痛みとは一生付き合うものだと思っていたので、
最初は狐につままれたような気分でした。

151203_1

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

1月、2月、半年経っても再発しません。

さすがに半年間何ともなければ、
医学的に治ったと判断して良いだろうと考えました。

それと、椎間板ヘルニアで腰痛があったのですが、
これも良くなりました。

その他にも、いろいろな変化がありました。

たとえば、寝付きや寝起きが良くなりました。

151203_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、
毎週1回当直をしていたのですが、
夜中寝ている時に呼ばれると、

さすがに眠くて、
しっかり目が覚めるのに時間がかかっていました。

ところが、加圧をやりだしてしばらくすると、
夜中に呼ばれても、

「あれっ?  以前みたいに眠くないぞ!」

といった具合に、
すっきり起きられるようになったのです。

また、当時は一日中、
カテーテル手術をやっていたので、
ほぼ立ちっぱなし

夜仕事が終わると、
脚が浮腫んでパンパンで、ぐったりしていました

ところが、加圧をやりだしてから、
浮腫みにくくなったばかりか、
夕方多少浮腫んでも、
その感覚が、
加圧をやってパンプアップした時に似ていて、
逆に力が入るようになったのです。

もう一つ、これは表現しづらいのですが、
記憶力が良くなったのを実感しました。

正確に言うと、
若いころの記憶力に戻ったという感じです。

151203_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は、運動と脳の関係に関するデータは少なかったのですが、
今では、運動が脳を活性化するというのが定説になっています。

加圧による脳の活性化を当時から私は実感していたわけです。

自分で言うのも何ですが、
当時の私の仕事はかなりハードでした。

加圧を取り入れて、このような良い変化が出たおかげで、
何とか乗り切れましたが、
もし加圧を知らなかったら、
今頃死んでいたんじゃないか
と思うぐらいです。

そのぐらい、自分で加圧のすごさを実感しているので、
周囲の人にも進めているわけです。

ところが、加圧を知らない人は、
まだまだ誤解している面があるようです。

加圧は、血流を制限するので、
ハードなトレーニングだとか、
危険なトレーニングだという思い込みがあるようです。

しかし、実際にやってみるとわかりますが、
加圧ほど楽なトレーニングはありません

重りは、ほとんど必要なく、
通常の筋トレの5分の1の重さで済んでしまいます。

たとえば、
アームカールと言って肘を曲げる運動で10kgの鉄アレイを使っていた人なら、
2kgの重りで十分です。

トレーニング中は、
部分的に酸欠状態になり、乳酸が溜まっているのできつく感じるのですが、
終わってベルトをはずすと、スーッと楽になります。

通常のハードな筋トレだと、
しばらくハーハーっと息切れが続きます。

この違いをよく比べてみると、
加圧の方が楽だということがよくわかります。

このように、
楽々できて、極めて効果の高いトレーニングだからこそ、
多くの人に勧めているのです。

ですから、
私が個別に「加圧をやった方がいいですよ」と勧めた場合は、
「絶対やった方がいい!」というぐらいの意味だと思って下さい(笑)。

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.