トピックス ブログ

将来下流老人にならない方法とは

更新日:

下流老人


とても嫌な響きの言葉です。

しかし、日本の将来を考えた時に、

しっかりとした計画性がないと、

誰もが下流老人になってしまう可能性があります。

160227_1

 

 

 

 

 

 

 

せっせと貯金をすれば安泰かというと、

そうでもありません。

日本は世界でもトップクラスの長寿大国ですが、

逆に長生きすれば、それだけコストもかかります。

長生きすればするほど下流老人のリスクが高まる??

なんかゾッとする世界です。

老後にも安定した収入があれば良いのに、、、、

誰もがそう願います。

そんな安定収入を目指す投資として、

筆頭に挙げられるのが不動産投資です。

しかし、少子高齢化で人口が減り始めた日本では、

空き家の増加が深刻な問題になりつつあります。

マンションやアパートを投資目的で買っても、

空室では家賃収入が入らない、、、、

またまた不安が頭をよぎります。

160227_2

 

 

 

 

 

 

 

しかし、しかし、、、、

東京に住んでいると何か違和感を感じます。

少子高齢化、空き家増加、経済低迷、、、

活気のない日本、、、、、

それにしては、東京はやたらと人が多いです。

160227_3

 

 

 

 

 

 

 

朝のラッシュアワーなどは、

地下鉄もJRも大混雑です。

どこにこれだけの人が住んでいるのだろうと、

不思議になるくらいです。

なぜ、これほど大勢の人が東京に集まるのか?

簡単に言えば、

東京にはそれだけ仕事があるから

ということになります。

しかし、ここでまた疑問が湧いてきます。

日本はGDPで中国に抜かれました。

国民一人あたりのGDPはシンガポールに負けています。

なのに、そんなに景気が良いのだろうか?

実は、ここで視点を変えて見てみると、

ここまでの違和感の理由がよくわかります。

それは何かというと、

東京のGDPです。

東京は国ではありませんが、

一つの国として捉え、

他の国や都市と比較すると、なんとなんと


東京は世界一の経済都市なのです。

160227_4

 

 

 

 

 

 

 

http://matome.naver.jp/odai/2143188196272380201より

なんと東京のGDPは、

韓国のGDPを上回るほどの規模なのです。

これほどの経済力があるからこそ、

大勢の人が東京および、その近郊に集まっているわけです。

ということは、

人口減少が進む日本で、

もし不動産投資をするとしたら、

大勢の人が集まる東京が良いと考えられます。

しかし、東京は、マンションの価格も

土地の値段も高いし、なかなか手が出ないのでは?

と誰もが考えます。

そんな矢先に、このような本を見つけました。

160227_5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本の趣旨を簡単に説明すると、

都心で、駅から徒歩10分以内の便利な場所に、

割安で買える土地を見つけ、

そこに新築のアパートを建てるという手法です。

都心の便利な場所なら、空室で困る確率も低いので

積極的に融資をしてくれるそうです。

なぜ、この「都市型新築アパート」に

銀行が積極的に融資をしてくれるのか?

続きはメルマガで、、、、

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.