トピックス ブログ 天才脳音源 記憶力

対症療法は意味がないのか?

投稿日:

対症療法は意味がないのか?

昨日のブログにも書きましたが、先週末に風邪を引いてしまい

体調の悪い状態が続いていました。私は元々喘息があるため、

一旦風邪を引くと、咳が止まらなくなってしまいます。

 

風邪による炎症自体はピークを過ぎているのですが、

咳が長引いてしまうのです。自分では原因が分かっているので、

なんとも思わないのですが、傍から見ると、すごい咳をしているので

「この人は大丈夫かな? 変な病気なんじゃないかな?」

と思われてしまいます(笑)。

 

今回も咳がなかなか収まらず、かなりひどい状態だったので、

やむにやまれず、市販の風邪薬を飲んでみました。

その結果どうなったかと言うと、、、

 

夜間の咳が激減し、ぐっすり眠ることができました!

 

ちなみに飲んだ薬は、ストナ プラスジェルSという薬です。

https://goo.gl/TDKiki

 

今まで風邪薬とかは、ほとんど飲んだことがなかったのですが、

この薬は、病院で処方される咳や痰の薬と同じ成分が含まれており、

かなり効くようです。正直、私もこんなに効果があるとは思いませんでした(笑)。

 

咳や痰などの症状を一時的に抑えるだけの治療を対症療法と言います。

風邪というのはウィルスが原因なのですが、いわゆる風邪薬と言うのは、

ウィルスを退治するわけではなく、咳や痰といった症状を抑えるだけの薬なのです。

 

ですから、病気を根本的に治すわけではありません。

そのため私は、対症療法は全く意味がないと思っていました。

そして周囲の人にも「風邪薬なんて意味がないんですよ」と言っていました。

 

しかし、今回対症療法を試してみて気づいたことがあります。

それは何かと言うと、ぐっすり眠れることによって体調が回復に向かうということです。

夜間に何度も咳こむと、それによって目が覚めてしまい熟睡することができません。

しかし、この対症療法によって咳が出なくなればぐっすり眠ることができるわけです。

それと、強い咳をすること自体が、喉を痛めて悪循環になってしまいます。

そのような悪循環も断ち切ることができます。

医師になって27年経ちますが、初めて対症療法の良さに気付きました(笑)。

 

これと同じことが勉強にも当てはまります。

「単なる丸暗記なんて意味がない」と言う人がいます。

 

これは確かに一理あるのですが、では、何も憶えていなかったらどうなるでしょうか?

 

何も憶えていなくては、理解も成り立たないのです。

たとえばですが、今の日本の首相の名前や野党の名前を全く知らずに、

現状の政治の状況を理解できるでしょうか?

そんなおかしな話は成り立たないわけです。

 

ですから、まずはどんなやり方でもいいので憶えてしまい、

後から理解を深めていけばいいわけです。そのための

強力な武器記憶術です。

 

その中でも、大量の項目を記憶するのにとても有用なのが、

私がお勧めしている「宮口式記憶術」です。

 

宮口式記憶術のセミナー動画を34%オフの特別価格で提供する、

「受験生応援特別キャンペーン」ですが、残り5日となりました。

 

繰り返しになりますが、受験までの期間は残りわずかです。

せっかくの素晴らしい方法であれば、なるべく早めに手に入れた方が、

合格に近づくことができます。

 

ご興味のある方は、今すぐこちらをご覧ください。

 ↓  ↓  ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/h4bgv

 

決断の先に成功が待っています。

 ↓  ↓  ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/h4bgv

 

********************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ, 天才脳音源, 記憶力

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.