トピックス

安定こそ最大の武器

投稿日:

安定こそ最大の武器

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
   ↓        ↓

https://youtu.be/A9ww59CJtJs 

 

 

私は山梨県にある、駿台甲府高校というところに通っていました。

たまたまですが、入学時の成績は1番でした。

そして、その後東京大学の理科三類に合格しました。

 

このように書くと、高校時代の成績も物凄く良かったのだろう

と思われるかもしれません。

 

しかし実は、高校時代の定期テストでは

一度も一番になれませんでした。

 

なぜかと言うと、同級生に植松くんという人がいたのですが

彼が高校三年間ずっと一番だったからです。

 

植松くんは、その後、東大の理科一類に現役合格し、

人気が高く、進学の難しい物理学科へと進みました。

まさにエリート街道まっしぐらという感じです。

 

しかし、高校時代の同級生と話をする時に、

これほど優秀だった植松くんの話があまり出てこないのです。

 

それに対して、私は「森田は勉強ができたな」

ということをよく言われます。

 

私は東大理三に受かったという事もあり、

皆の記憶が美化されているようです。

 

では、なぜ当時私よりも成績の良かった植松くんが、

皆の記憶に残っていないのでしょうか。

 

これは安定していると印象に残らないためです。

 

たとえば、プロ野球の元広島カープの前田智徳選手。

 

 

通算2119安打。打率3割2厘という素晴らしい成績です。

前田選手は「天才」言われていましたが、

故障であまり出場できない時もありました

 

それに対して、元ヤクルトの若松勉選手。

 

特に「天才」などとは言われていませんが、

打率の通算記録だけ見れば、前田選手を大きく上回っています。

 

通算2173安打。打率が3割1分9厘。

 

かつては日本人の最高打率でしたし、

今も歴代3位の記録です。

しかし、これほど素晴らしい成績を残しているにも関わらず、

若松選手は前田選手に比べると、あまり人々の

印象に残っていません。

 

さらに言えば、前田選手は、故障で

フル出場できなかった年が何回かありました。

 

若松選手も故障はしているのですが、

ほとんど毎年コンスタントに活躍しています。

 

それはなぜかと言うと、若松選手は

痛みを抱えていても、痛いなりに打てる

バッティングフォームを工夫ていたからです。

 

ところが、安定していると他人の印象には残らないのです。

 

しかし、どちらがチームに貢献したかと考えると、

間違いなく、安定して好成績を残した人の方です。

 

コンスタントに好成績を残すということは

目立つことではないかもしれませんが凄いことです。

 

勉強やスポーツ、ビジネスでも、

安定というのは非常に重要です。

 

たまに良い成績や売上もあるが、悪い時もある

という波がある状態はあまり好ましくありません。

 

「常に安定した結果を出すためにはどうしたらよいか?」

ということを意識して行動するのが重要です。

 

****************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.