トピックス ブログ

子どもは生まれる場所を選べない

更新日:

私の実家は田舎にありました。
なので受験では、非常に苦労しました

ですから、
同じような地方出身の若者を
支援したい
という想いが強くあります。

インターネットが普及して
情報が入手しやすくなったとはいえ、
都会と地方では、
まだまだ大きな情報格差
があります。

十代の若者がそれを乗り越えて
目標を達成するのは決っして容易なことではありません。

151204_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、格差が存在するのは、
都会と地方だけではありません。

実は、東京都、
それも23区内にも大きな格差が存在するのです。

例えば、収入面でみると、
トップの港区と最下位の足立区では、
なんと3倍もの開き
があるのです。

151204_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、あくまで平均値をとっていますが、
実際には、もっと大きな格差があるだろうと、
私は思っています。

以前、子どもの貧困率の話を取り上げました。

就学援助と言って、
国の補助なしに、義務教育の小学校や中学校に通えない子どもの割合が、
東京都で2割以上
もいるのです。

151204_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地方の人から見ると、
なぜ、お金のあるはずの東京で、
学校に通えない子どもがいるのか?
と不思議に思うことでしょう。

しかし、前述したような、
東京都内での格差が大きな影響を及ぼしているのです。

さて、ここで可哀想なのは、子どもたちです。

子どもは生まれる場所を選ぶことができません。

世界的に見ても、
日本ほど豊かな国は、なかなかありません。

そんな日本でも、生まれる場所、生まれる家庭によって、
受けられる教育も違ってしまう、、、、。

それをどうすれば改善できるか?

評論家は無責任に適当なことを言うかも知れませんが、
そんなに簡単ではありません。

これを本気で解決するためには、
みんなが問題意識を持って
取り組んで行く必要があります。

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.