トピックス ブログ

天才脳のもう一つの秘密・ワーキングメモリー

更新日:

秘密シンポジウム「天才脳解体新書」で

明らかになった天才たちの秘密。

当然のことながら、

彼らはみな、

高度の集中力を持っている。

160522_1

しかし、なぜ、

彼らはみな集中力が高いのか?

その謎を解く鍵は、

ワーキングメモリー。

160522_2

ワーキングメモリーは直訳すると、

作業記憶となるが、

これでは、何のことかよくわからない。

160522_3

わかりやすく言えば、

脳の段取り力、そして先を読む力。

たとえば、将棋のプロ棋士は、

頭の中で、何十手も先まで手を読み、

最善の手順を考える。

160522_4

同じように、頭の中で、

様々な作業の手順、つまり段取りを考え、

最善の手順を見つける力がワーキングメモリー。

では、なぜ天才達とワーキングメモリーが関係するのか?

特にその力が発揮されるのが試験の時。

たとえば、、、、

東大(理系)の数学の問題。

6題を2時間半で解かねばならない。

160522_5

何も考えずに、順番に解いて行った場合、

いきなり難問で詰まってしまい、時間を浪費してしまったら???

一巻の終わり、、、、、(^_^;)

160522_6

そうならないためには、最善の手順を考える必要がある。

そして、もう一つ重要なポイントは、

ワーキングメモリーが強い人は、

◯◯◯の作業に◯◯できる!!

この力の差が、勉強でも仕事でも大きな違いを生み出している。

詳しくは、

「天才脳解体新書」フルバージョンにて解説しています。

まずは、無料ダイジェスト版をご覧ください。
https://morilyn.com/p1/

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.