トピックス ブログ

天才を作る鍵は脳内回路にあった!

更新日:

どうすれば天才になれるのか? 

その謎を紐解く鍵は脳内回路にあります。

160312_1

 

 

 

 

 

 

 

脳内回路というのは、

私が作った言葉なので初めて聞く人もいると思います。

脳の中には微弱な電流がたくさん流れています。

その電流の波形を計測したものが脳波です。


脳の活動は非常に複雑です。

したがって、脳波を見ただけでは、

その人が何を考えているか推測することは困難です。

しかし、これをシンプルに考えてみましょう。

電気が流れているということは、

一種の電気回路とみなせます。

小学校で、乾電池と豆電球をつなぐ回路

作ったことがあると思いますが、

脳の中も、このような回路が

無数に集積しているイメージなのです。

 160312_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに微弱な電流が流れて、様々な活動をしているのです。 

そして、何か新しいことを学習するというのは、

脳の中に新しい回路を作ることになるのです。

たとえば、「自転車に乗る」という行為は

生まれつきできるわけではありません。

親に支えてもらいながら、自転車に乗ることからスタートします。

この時に、脳の中には

「自転車に乗る」という新しい回路ができるわけです。

しかし、新しい回路ができても、

最初からスムーズに電気が流れるわけではありません。

電気の流れは遅く、途切れ途切れです。

ですから、自転車に乗ってもすぐに転んでしまいます。 

ところが、何度もくりかえし脳内回路に電気を流していると、

徐々に回路が強固なものになっていきます。

そうなると、補助輪なしで自転車に乗れます。

やがては、何も考えず、

ほとんど無意識で自転車をこげるようになるのです。

そこから更に練習を続けていけば、

もっと速くこげるようになったり、

曲芸的な走りもできるようになります。

160312_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで来ると、脳内回路は、電気が素早く流れ、

とても強いものになっています。

このように脳内回路を強化するためには、

繰り返し電気を流すこと、すなわち、



何らかの訓練を反復することが必要なのです。

それを継続すると、

やがては天才と呼ばれる領域に達するというわけです。

スポーツでも、音楽などの芸術でも、勉強でも基本は同じです。

どんな分野でも、トップクラスの人というのは、

幼いころから継続して取り組んでいる人が多いのは明らかです。

その理由も、この脳内回路の理論で説明が可能です。

たとえば、子どもの頃から野球に打ち込み、

反復練習を繰り返した結果、脳内回路が強化され、

少年野球や高校野球でも、他の選手より優位に立ち、

やがてはプロ野球選手になる。

そんなイメージが容易に浮かぶと思います。

では、
脳内回路を徹底的に強化して盤石なものにするには、

どのぐらい継続すれば良いのか?

4月に発売する新刊で解説していますので、楽しみにお待ち下さい。

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.