トピックス ブログ 天才脳音源

大坂なおみは勝って謝ったわけではない!

更新日:

大坂なおみは勝って謝ったわけではない!

 

全米オープンオープンで優勝した大坂なおみ選手。

インタヴューで「I am sorry」と言ったことが話題になっています。

 

日本人がこれを直訳すると、「勝ってごめんなさい」みたいな訳になります。

しかし、SORRYという言葉は、「ごめんなさい」という意味ではないのです。

 

辞書を調べてみると、以下のような記載があります。

 

気の毒に思って、(…が)気の毒で、かわいそうで、すまないと思って、

悪かったと思って、後悔して、申し訳なく思って、すまなく思って、

残念に思って、遺憾で

 

以前私は、外国人のドクターと一緒に仕事をしていたことがあります。

そのドクターと一緒に、ベトナムに視察に行ったことがありました。

 

その時、私は原因不明ですが、酷い下痢を起こしました。

東南アジアではよくあることですが、水を飲んだだけでも

お腹を壊すことがあります。私が

「いやーゆうべはお腹を壊して大変だったよ」

と話すと、そのアメリカ人医師は

「Oh,I am sorry」

と言いました。

 

なぜ彼は私に謝るのだろう? その時は私も思いました。

 

しかし、次の瞬間、

「そうか、SORRYという言葉は日本語の謝るとはニュアンスが違うんだ」

ということに気付きました。

 

相手のことを気の毒に思うとか、相手の辛さに共感や同情をするといったニュアンスなのです。

ですから、大坂なおみ選手の「I am sorry」も、セリーヌ選手の敗戦に

がっかりしているアメリカ国民に対する、同情や共感の念、

言い換えれば思いやりの表れだったのです。

 

このように、英単語ひとつをとっても単に直訳しているだけだと、

本当のニュアンスというのはなかなか分からないものです。

 

それにしても、大坂なおみ選手の凄いところは、

日本人なのに日本語が喋れない!という点だと思います。

 

子どもの頃からトップ選手を目指していたなおみ選手にとって、

日本語など必要ないわけです。

 

日本語だけではないと思いますが、

自分が本当に集中すべきこと、つまりテニスに集中したことが

これだけの偉業につながったのだと思います。

 

あなたも集中力を発揮して、

何か大きな結果を出したいのであれば、

ぜひそのやり方をパーフェクトブレイン学んでください。

 

一昨日からお伝えしているように、

パーフェクトブレインニューバージョンが発売になります。

 

既にパーフェクトブレインを購入している方は、

きわめてお得な価格でアップグレードが可能です。

 

従いまして、パーフェクトブレインに興味はあるけど、

まだ購入していないと言う方は、今のうちに

パーフェクトブレインを購入して頂いた方が間違いなくお得です。

 

集中力を発揮して、大きな成果を上げたいという方は、

今すぐこちらをご覧ください。

  ↓  ↓  ↓

http://perfect-brain.net/sp/

 

********************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ, 天才脳音源

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.