トピックス ブログ

大企業に就職すれば安泰なのか??

投稿日:

若者の就職難が、
相変わらず続いています。

160118_1

 

 

 

 

 

 

 

少子化なのに、なぜ?

なぜ、就職先が足りないのか?

そこには様々な理由がありますが、

大きな理由の一つに、

安定志向
があります。

人気のある就職先は、
誰もが知っている一流企業ばかりです。

160118_2

 

 

 

 

 

もちろん、それが悪いわけではありませんが、

果たして本当に、

一流企業が入れば安泰なのでしょうか?

たとえば、東芝は、

粉飾決算が発覚し、ガタガタの状態です。

160118_3

 

 

 

 

 

 

 

 

”目の付けどころがシャープだね!”

なんて言っていたシャープも、

今では、

株価の暴落角度がシャープだね!

になっています。

160118_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、大企業でも、

入ってしまえば一生安泰などということは、

望めない時代になりました。

その一方で、
中小企業にまで視野を広げれば、

求人倍率も高く、

就職できるチャンスは広がります。

160118_5

 

 

 

 

 

 

 

では、いったい、

どのようにして就職先を決めれば良いか?

まず大事なポイントは、

自分の夢や目標、
やりたいことを明確にする
ことです。

160118_6

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、次のポイントは、

自分の力を発揮できる職場かどうか、

自分の力を伸ばせる職場かどうか

ということです。

それを見極めるために、

ニワトリの法則が役に立ちます。

ニワトリの法則とは、
「鶏口牛後」という言葉に由来しています。

鶏口となるも牛後となるなかれ

鶏口はニワトリのくちばし、
牛後は、牛のしっぽです。

160118_7

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな組織の中でしっぽ、
つまり組織の末端にいるよりも、
小さい組織でトップにいたほうが良い
という意味です。

ハイレベルな集団でトップになれなかった人でも、
もう少しレベルの低い集団であれば、
容易にトップになることができます。

「こいつらには負けるはずがない」と、
自分のセルフイメージを高めることができ、
好循環が生まれるのです。

そうして、「ニワトリ」集団の中でトップを維持しているうちに、
いつの間にか、
「牛」集団のトップよりもレベルが上がっているなどということも、
あり得るのです。

大企業というのは、組織の中にひずみが生じます。

トップの理念がどんなに素晴らしくても、

それが末端まで伝わらないケースも多々あります。

そのため、「牛のしっぽ」は、

目先の利益に追われることになるのです。

そんな「牛のしっぽ」になるよりも、

思い切って、

「ニワトリのくちばし」になることを、

私はお勧めします。

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.