トピックス ブログ

在宅ワークの問題点とその解消法とは?

投稿日:

在宅ワークの問題点とその解消法とは?

以前のメルマガにも何度か書きましたが、最近はZOOMを使うようになり、

打ち合わせのほとんどをネットでできるようになりました。

 

https://goo.gl/UqYxog

https://goo.gl/pUAHGg

https://goo.gl/sSNvYK

https://goo.gl/p9imUh

(過去のメルマガの記事に飛びます)

 

そのおかげで、移動時間も減り、時間が有効に使えるようになりました。

移動時間が減るという事は、時間が有効に使えるだけでなく、

移動に要するコストも減るので二重にメリットがあります。

 

ではデメリットはないかと言うと、1つだけあります。

それは何かと言うと、運動不足になりがちという事です。

 

自宅で仕事をし、ZOOMで面談をしていると、

体を動かすチャンスがほとんどありません。

ですから、どうしても運動不足になりがちです。

 

これを解消するためには、朝ジョギングをするなど

しっかり運動しておく必要があります。

 

しかし、これだけではやはり1日トータルでみた時の

カロリー消費量は減ってしまいます。

 

なぜかと言うと、人間は運動している時にだけ

カロリーを消費しているわけではないのです。

1日24時間の中で、運動以外の時間の方が圧倒的に多くを占めています。

 

その運動以外の時間のカロリー消費の積み重ねが、

1日トータルのカロリー消費に大きく影響するのです。

 

このような運動以外のエネルギー消費の事を、

NEAT(Non-Exercise Activities Thermogenesis)と言います。

http://www.kameda.com/patient/topic/rehawalk/12/index.html

(NEATの詳細記事に飛びます)

 

このNEATについて簡単に説明すると、横になって寝ている状態よりは

椅子に座っている状態の方がカロリーを消費します。

 

椅子に座っている状態よりも立っている状態の方がカロリーを消費します。

じっと立っているよりも歩いている方がカロリーを消費します。

 

ゆっくり歩いているよりもジョギングなど走った方がカロリーを消費します。

このように姿勢や活動などによって、カロリーの消費量が変わってくるわけです。

ですから、1日中室内で椅子に座った状態だと、カロリーの消費量は

きわめて低くなってしまうのです。

 

それに加え、腰痛などを持っている人は、長時間椅子に座っていると

それを悪化させるおそれがあります。

 

そこで、これらの対策法を考案しました。

それは何かと言うと、立って仕事をするという方法です。

最近は、立ち仕事ができるスタンディングデスクなども売っていますが、

そのような専用デスクを買わなくても、立って仕事をする事は可能です。

 

私の場合、元々机の上にもう1つノートパソコンを置くために

机上ラックを置いていました。

https://www.fueru-mall.jp/loas/products/21107.html

(机上ラックのサイトへ飛びます)

 

この上に、パソコンを置いたところ、ちょうどいい高さだったので

快適に仕事をする事ができました。

デスクワークが多く、腰痛などに悩まされている人には、この方法はお勧めです。

ぜひ一度お試しください。

 

****************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.