トピックス ブログ

ゆっくりと急ぎなさい

更新日:

集中力が高まった状態とは、どんな状態か?

これは、なかなか表現が難しいです。

なぜなら、脳の中を見える化できないから。

そこで、一般的には、

作業効率が高まった状態が、
集中した状態と考えられています。

つまり、同じ作業をこなすのに、

通常より短時間でできるということです。

しかし、ここで一つ問題が生じます。

それは何かと言うと、

何かの作業を速くこなそうとすると、

多くの人は焦ってしまうということです。

なぜ、焦ってしまうのか?

パブロフの犬ではありませんが、

急ぐ=焦る というクセが染み付いてしまっているのです。

160527_1

朝晩のラッシュ時の都内近郊のターミナル駅。

何かに急かされたように、

”焦って”急いでいる人がたくさんいます。

そんなに焦ってどこへ行く?

160527_2

おそらく、多少遅れたたからといって、

困ったことは起こらないはずです。

なのに、いつの間にか、

「焦って急ぐ」クセがついてしまっているのです。

ですから、このクセを直す必要があります。

どうすれば良いかというと、



焦らずに急ぐ

つまり、落ち着いて急ぐのです。

はあ?と思う人も多いでしょう。

しかし、練習次第で落ち着いて、

冷静に急ぐことは可能になります。

英語のことわざでは、

make haste slowly (ゆっくりと急ぎなさい)

と言います。

急に言われてもできない!

という人。

まずは簡単なことから練習しましょう。

たとえば、駅の構内で、急ぐ時も

焦らずに走る。

焦らなくても走れば、速度は上がります。

それで十分なのです。

160527_3

こうした簡単なことから実感を積み重ねていきましょう。

やがて、仕事や勉強でも

焦らずに集中力を高められるようになるはずです。

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.