トピックス ブログ

やる気と集中力を高める、睡眠の取り方

更新日:

実は、ここ1週間ほど寝込んでいました!!

と言っても、昼間は仕事があるので、

傍目にはわからぬように活動していましたが、

夜は病人のように、と言うか、病人なので(笑)、

寝込んでいました。

160223_1

 

 

 

 

 

 

 

 

原因は何かというと、風邪、厳密に言うと、

ウィルス性の胃腸炎だったようです。

2月半ばまでセミナーなどスケジュールが立て込んでいたため、

だいぶ疲れが溜まったのが引き金になったようです。

そんな状況なので、夜は、

だいたい8時間から、

多い時は10時間ぐらい寝ていました。

普段の睡眠時間は6時間ぐらいなので、

寝すぎかなと思ったのですが、

結構寝られるものです(笑)。

さて、たっぷり眠ると何が起こるか?

寝すぎで頭がボーッとするかと思いきや、、、、

全く逆でした!

日中全く眠気を感じず、集中力が高まり、

普段より仕事がはかどってしまったのです。

パーフェクトブレインでもお伝えしているように、

起床時刻、就寝時刻、睡眠時間などを記録し、

その日の体調と比較するのはとても重要です。


160223_2

 

 

 

 

 

 

 

その記録からフィードバックをかけることで、

体調の良い状態をキープするわけです。

しかし、私の中では、いつの間にか、

「8時間も寝るのは、寝すぎ」という

思い込みができていたようです。

それが、風邪でダウンするという状況に追い込まれたため、

試してみたところ、むしろ、

「今までの睡眠時間は足りなかった」

わかったわけです。

ちなみに、フィードバックがよくわからないという方は、

こちらの記事を参照してください。
http://ameblo.jp/moorilyn/entry-12055946938.html

「風邪は神様が与えてくれた休暇」と言いますが、

おかげさまで、しっかり休むことができ、

自分の生活スタイルも見直すことができました。

体調の方は回復しましたが、

今後は意識して、睡眠時間を長めにしてみようと思います。

それともう一点重要なのは、

睡眠の環境です。

パーフェクトブレインでも解説していますが、

寝具、部屋の温度・湿度、暗さ、音など、

睡眠環境も重要です。

160223_3

 

 

 

 

 

 

 

どうもよく眠れない、、

翌日疲れが残るという人は、

こうした、睡眠に影響する要素の何かに問題がある可能性があります。

それが何であるかは、人によって違うので、

やはり、自己管理シートをつけて、

チェックするのが一番です。

また、朝起きると、腰が痛いという人は、

やはり、寝具が合っていない可能性があります。

そのあたりも意識してチェックしてみましょう。

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.