トピックス ブログ

なぜ東大生の字は汚いのか??

更新日:

10年ほど前に、

「東大合格生のノートはかならず美しい」

という本が流行りました。

160301_1

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこの本を読んでいないので、内容はわかりませんが、

そもそも、

「東大生のノートが美しい」という前提自体が

間違ってるのではないかと思います。

160301_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、私の周りでは、ノートがキレイとか言う前に、

字がキレイな人がほとんどいないからです。

むしろ、字が汚い人の方が多いと思います。

かく言う私も、字が下手なのですが(笑)、

「よくあんな字を解読して採点してくれたなあ」

今でも感心するとともに(笑)、感謝しております。

私の場合、小学校の低学年の頃は習字を習っていたので、

その頃は字が上手かったのですが、

習字をやめてから、一気に崩れていきました(笑)。

ちなみに、私は、

最近ついに書道を習い始めました。

160301_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、

なぜ、東大生は字が汚いのか?

これには、ちゃんとした理由があると、

私は考えています。

しかも、これは天才脳理論と関係があるのです。

どういうことかというと、

彼らは、まず、頭の回転が速いのです。

これが先天的なものか後天的なものかは、

議論の余地がありますが、

一般的に言って、頭の回転が速いのは

間違いないと思います。

言い換えれば、

思考の速度が速い

ということになります。

すると、どのような問題が生じるでしょうか?

自分の思考を文字に書き出そうとする時に、

思考の速度に、文字を書く速度が、

付いて行けないという現象が生じます。

頭の中で10考えている間に、文字にできるのは、

1か2ぐらいといった感じでしょうか。

このもどかしい状態を何とか解消しようとすると、

どうしても字が汚くなってしまうのです。

160301_4

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、全員が字が汚いわけではないですし、

最近は女性の割合が増えているので、

字の上手な人も増えているかも知れません。

また、字の上手い下手と、

ノートがキレイかどうかは別問題なので、

東大生のノートの取り方は上手い、

つまり、

上手く思考をまとめているのかも知れません。

さて、話は書道に戻りますが、

なぜ私が書道の始めたのか?


いい年をして字が汚いのはみっともない

というのが率直な理由で、

いつかは習いたいと思っていました。

そこに、たまたま縁があって、習い始めることになったのです。

しかし、せっかく書道を習っても、

字を速く書こうとして、

また崩れてしまっては意味がありません。

そうならないためには、

行書や草書も習って、

速くてもキレイな字が書けるようにする必要があります。

160301_5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこまで到達するのはかなり長い道のりですが、

これもステップ集中で、一歩一歩進んでいくしかありません。

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.