セミナー トピックス ブログ

なぜハンカチ王子は落ちぶれたのか?

投稿日:

なぜハンカチ王子は落ちぶれたのか?

最近すっかり影が薄くなってしまったハンカチ王子こと、日本ハムの斎藤佑樹投手。

 

高校時代はあれほど活躍したのに、なぜプロに入ってだめになったのでしょうか?

その原因の一つは、彼のピッチングフォームにあります。

 

私は、斎藤佑樹投手が早稲田大学に入って間もない頃、たまたま神宮球場に

六大学野球を観に行ったことがあります。

 

その時、ブルペンで投げている斎藤投手を見たのですが、

広背筋を使ったとても綺麗なピッチングフォームでした。

それに対して、他のピッチャーは皆、球は速いのですが、

いわゆる「手投げ」でした。

 

人間の筋肉と言うのは、体幹、つまり身体の中心に近づくほど太くなります。

この太い筋肉の方が、大きな力を発揮できるわけです。

全てのスポーツに共通することですが、

この体幹に近い大きな筋肉をうまく活用できるかどうかが、

高いパフォーマンスを発揮するための鍵なのです。

 

この点に関して言えば、高校時代の斎藤投手は、

広背筋という背中の大きな筋肉をうまく使って投げていたので、

スタミナもあり、球速も衰えなかったのです。

 

ところが、体格的に他の選手より劣っている斎藤投手は、

大学入学後に球速を上げようと焦ったことと、周りの投手の

手投げのフォームを、無意識のうちに真似てしまったために理想的だった

ピッチングフォームが崩れてしまったのです。

このようなフォームでは、六大学では通用しても、プロでは通用しません。

 

その証拠というのもなんですが、斎藤投手と一緒に、ドラフト1位で

早稲田大学からプロ入りした広島カープの福井投手、西武ライオンズの大石投手共に

プロでは鳴かず飛ばずとなっています。

朱に交われば赤くなると言いますが、もしかしたら斎藤投手も別な環境で

プレーしていたら違った結果になっていたかもしれません。

とは言っても、後の祭り、結果論にしか過ぎません。

斎藤投手が、これから環境を変えるとしたら、プロ野球ではなく、

別な世界に早めに転身した方がいいかもしれませんね。

 

このように、環境の力というのは、とても重要です。

あなたがもし、今置かれている環境が合っていないと感じていたら、

ぜひ、パーフェクトブレインマスター養成講座参加してみてください。

 

私の年間セミナーのメンバーは、多種多様なジャンルのスペシャリスト

集まっています。しかも、人格的にも優れた人ばかりです。

 

人間の脳には、ミラーニューロンというものがあり、

目の前の相手の行動を、鏡のように映します。

つまり、目の前の人の行動に影響され、自分自身の潜在意識も変わっていくのです。

ですから、自分が置かれている環境というのはとても重要なのです。

 

そういった意味でも、私の講座は環境を変えて、人生を上向きにしたい

という人には、とてもお勧めです。

 

ご興味のある方は、パーフェクトブレインマスター養成講座説明会

ぜひご参加ください。

    ↓ ↓ ↓

http://g-publishing.net/lp/20549/835913/

 

ミラーニューロンを活用して、潜在意識を書き換える!

 

パーフェクトブレインマスター養成講座説明会

 ↓ ↓ ↓

http://g-publishing.net/lp/20549/835913/

 

********************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-セミナー, トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.