トピックス ブログ

なぜ、外車に乗っている勤務医は貧乏なのか??

更新日:

世間一般の人から見ると、

お医者さんというのは、

皆お金持ちと言うイメージがあるようです。

160808_1

しかし、実態はそうではありません。

まず、世間の人が考えるお医者さん(勤務医)のイメージは、

以下のような感じです。

年収は3000万以上。

都内の高級マンションに住み、

ベンツやBMWやポルシェのような高級外車に乗っている。

160808_2

このようなイメージです。

確かに、高級マンションに住み、

高級外車に乗っている勤務医は少なくありません。

しかし、このようなドクターは、たいてい貧乏です。

なぜかと言うと、、、


まず年収ですが、

3,000万円も給料もらえる勤務医はあまりいません。

都内の病院に普通に勤務していたら、

年収はせいぜい1500万円前後です。

もちろんこれは、一般のサラリーマンの方に比べれば、

十分多い金額ですが、

それ以上にお金を浪費してしまうドクターが多いのが現状です。

なぜかと言うと、上記のように、

お医者さんというのはステイタスが高いというイメージがあり、

しかも、家が買いたいとか、車が買いたいと言う話になると、

銀行が簡単にお金を貸してくれるため、

知らず知らずのうちに出費が多くなってしまうのです。

ちなみに、年収2000万円の勤務医が、

1000万円のベンツを買ったらどうなるか考えてみましょう。

年収が1800万円を超えると、

所得税と住民税を合わせた税金は50パーセントになります。

と言う事は、給料の半分は税金で持っていかれます。

実際には、控除があるため、

給料の半分すべてが税金になるわけではありませんが、

ここでは説明をわかりやすくするため、

2000万円のうち、1000万円が税金だとしましょう。

そうすると、1000万円のベンツを買うためには、

2000万円のお金を稼ぐ必要があります。

という事は、1年分の給料が、

ベンツに形を変えて消えてしまうわけです。

仮に、5年間で払うとしても、1年あたり200万円ですから、

400万円分の給料が、ベンツのために使われることになるのです。

さらに、1億円のマンションを買ったらどうなるでしょうか?

1億円を支払うためには、

2億円の給料を稼ぎ出す必要があります。

そうなると、10年分の給料が必要になります。

これをもし、20年で分割しても、1年あたり1000万円になります。

先程のベンツと合わせると、1,400万円ですから、

残った給料は600万円で、税金を引くと残りが300万円


これだと、平均的な、若手サラリーマンと変わらなくなってしまいます。

他にも色々と出費がかさむため、

ほとんど貯金もできない状態になってしまうのです。

なぜ、このような事態に陥るのか??

医療の世界は閉鎖的なので、

医師とくに勤務医は、税金対策などにも無頓着です。

税金のからくりをよく知らずに、出費してしまうと、

往々にして、このような結果を招いてしまいます。

重税大国日本では、やはり節税のための対策は必要です。

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.