トピックス ブログ

なぜ、あの人は遅刻しないのか?

投稿日:

昔々、あるところに2人の研修医がいました。 

研修医のAくんは、
いつも朝からバリバリと仕事をしていました。 

ちなみに、

当時の東大病院では、 
研修医が採血をしなければいけないルールでした。 

したがって、

朝7時過ぎぐらいから、
病棟で患者さんの採血をするのが、
朝の仕事始めなのです。 

もう一人の研修医Yくんは、
しょっちゅう遅刻していました。 

患者さんは採血が終わるまで朝食を摂れないので、
Yくんが遅刻すると、
いろいろな人に迷惑がかかってしまいます。

150913_1

 

 

 

 

 

 

 

さて、この二人。 
どこから通っていたでしょうか? 

いつも朝早くから来ているAくんは、
病院の近所に住んでいて、
もう一人のYくんは遠くから通っている? 
だから遅刻が多い? 

そんなイメージが湧くかも知れません。 

ところが、意外にも、

二人とも、
中央線沿線の国分寺から通っていたのです。 

御茶ノ水駅で地下鉄に乗り替えて、
東大病院までは1時間弱。
朝の通勤として、
比較的時間がかかります。

では、なぜAくんは遅刻しなくて、
Yくんは遅刻ばかりしていたのでしょうか? 

答えは簡単です。 

Aくんは、いつも1時間ぐらい
余裕を持って早めに家を出ていたのです。 

それに対してYくんは、
「定刻に着けば良い」、
あるいは「ギリギリでいいや」と思っていたのでした。 

都内に住んでいる方はわかると思いますが、
JRの中央線は、
よく人身事故がおきます。 

そのため、定刻に間に合うように出ても、
トラブルがあると遅刻してしまう
のです。 

150913_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを想定したAくんは、
トラブルがあっても遅刻しないように早めに家を出ていたのです。 

しかも、

早朝の空いている電車だと、
車内で座って勉強をしたり、
仮眠を取ることができます。 

すし詰めの満員電車に揺られて、
しかも遅刻して汗だくになるのに比べると天と地ほどの差です。

150913_3

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、
ちょっとした工夫をするだけで
遅刻を防ぐことができるだけでなく、 
時間や空間を有効に活用
することができるのです。

 

時間を究極に活用する方法が、

パーフェクトブレインです。

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2018 All Rights Reserved.