トピックス ブログ

しょぼい起業は地方を再生する?

投稿日:

しょぼい起業は地方を再生する?

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
   ↓        ↓

https://youtu.be/wTKYaub126g 

 

先日「しょぼい起業で生きていく」という本を読みました。

 

https://goo.gl/Vo7sJo

(※アマゾンのサイトに飛びます)

 

この本がなかなか面白く、

参考になるので内容を一部紹介します。

 

このしょぼい起業とは、次のような発想を元にしています。

 

たとえば、埼玉から東京に通学している人がいるとします。

通学では定期券を利用します。つまり、この間を何回往復しても

運賃は定額で済みます。

 

この人が、通学する時に、実家で収穫した野菜を東京に運んで

販売すれば、お金を得る事ができます。

重たい野菜を運ぶのは少し大変ですが、コストは一切かかりません。

 

このような仕組みを、この本の著者は生活の資本化と呼んでいます。

 

一般的なビジネスの発想であれば、このような場合は、

まず野菜や果物をたくさん作ります。それを販売し、現金化します。

そして今度はそのお金で自分の食べ物を購入するという流れになります。

 

しかし、生活の資本化ではそうではありません。

 

 

作った野菜は、まず自分で食べる分を確保します。

ここで食費の支出を抑える事ができます。

そして、食べきれない分の野菜を販売するようにすれば、

収入が増えるという発想です。

 

 

この本の著者は一般的なサラリーマンのような

仕事をしたくないという理由で、このしょぼい起業を始めたそうです。

 

著者が初めにした事は、住宅ではなく、店舗に住む事でした。

そして、店舗で不用品を売り始めます。それがうまく回るようになり、

リサイクルショップとして成功しました。

 

初めから店舗に住んでいるので、仮に利益が出なくても

元々払うべき家賃の他は出費もなく、赤字にもならないのです。

つまり、そこで1円でも儲かれば、それは全て利益になるのです。

 

通常であれば、何かビジネスを始める時は、まず資金を集め、

店舗を借りて許可を取り、設備を整えて営業を始めるという流れです。

 

しかし、著者は店舗を借りて営業を始め、お金が集まったので、

設備も整えて、最終的に許可も取るという、

通常のビジネスモデルとは異なる流れで成功しています。

 

また、著者はこのリサイクルショップ以外にも、

バーも経営しているのですが、ここにも同じ発想が活きています。

 

著者は、元々友人しょっちゅうカラオケをしていたので、

「だったらお店を借りてやってしまおう」

というのが発端で、バーになったそうです。

 

このように発想を変えれば、あまりコストをかけずに

起業する事ができます。

 

この発想はいろいろな分野でも参考になると思います。

 

今、何かビジネスをしている人、あるいはこれから起業したいと言う人は、

一般的なやり方で進めるのももちろんよいのですが、

「もっとしょぼくできないか?」という事を考えるようにすると、

新しい視野が開けるでしょう。

 

考えてみれば、昔の商店街などはこのような形態でした。

 

お店の2階に住んで、自宅兼店舗で商売をするのが珍しくなかったのです。

今、地方再生いたるところで叫ばれています。

 

このしょぼい起業の発想は、地方再生のきっかけになるかもしれません。

****************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.